米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年6月24日)

Tucson Samaritans check the border wall, including a small gap in the new construction, near Sasabe, Ariz., on Wednesday, May 19, 2021. (AP Photo/Ross D. Franklin)


 米会計検査院(GAO)は15日、バイデン大統領による国境の壁建設停止措置が大統領の権限の範囲内であったとの判断を下し、それは「計画上」の遅れであり、議会の意志を阻むものではないと述べた。

 バイデン氏は昨年、「もう1フィート」の壁すら建設しないと述べたが、GAOの調査官は、大統領就任式の建設停止宣言には、同氏が法律に従うという但し書きが含まれていると述べた。

 またGAOは、ホワイトハウスが前政権ほど迅速ではないものの、少なくとも今のところは壁を建設することに尽力していると主張している。

 この判断は、バイデン氏が大統領に就任してからわずか数時間後に大統領令で発表された停止が、違法な予算の「没収」であると主張した共和党議員にとって大きな打撃である。

 議会の調査部門であるGAOは、国土安全保障省と行政管理予算局は、壁建設のための予算から資金を取り上げていないと述べた。代わりに、これらの組織は建設を始める前に完了しなければならない環境研究を追加しただけとしている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)

バイデン氏、海外の石炭火発への支援停止表明 米国のエネルギー産業は反発

(2021年06月22日)
→その他のニュース