バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年6月26日)


 共和、民主両党の議員らが、海軍の「投資のための投資引き揚げ」戦略をめぐって、台頭する中国の攻撃を受けやすくなると警鐘を鳴らしている。  

 厳しい予算決定と将来直面する脅威を考慮に入れて海軍は、15隻を退役させ、調達を約9%削減し、予算を将来の戦闘能力のための研究、開発に予算を振り向けることを表明している。この計画では、現在の能力への投資を引き揚げ、将来の戦争の技術に投資する。  

 議員、防衛専門家らは、この戦略は過去に失敗しており、必要とされている能力の整備が遅れると懸念した。  

 さらに、この計画が表明される数カ月前、退任直前のインド太平洋軍のフィル・デービッドソン司令官が議会証言で、中国は、今後6年以内に台湾をめぐって米国との軍事衝突へと発展する可能性を指摘した。これまで考えられていたよりも、かなり早いタイミングでの軍事衝突の予想となっている。  

 デービッドソン氏の後任、ジョン・アキリーノ司令官も5月、指名承認公聴会で同様の発言をした。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)

バイデン氏、海外の石炭火発への支援停止表明 米国のエネルギー産業は反発

(2021年06月22日)
→その他のニュース