トランプ氏国連で同盟国にイランの攻撃に対抗するよう求める

(2019年9月22日)

President Donald Trump talks with reporters before leaving on Marine One on the South Lawn of the White House in Washington, Sunday, Sept. 22, 2019. Trump is traveling to Texas and Ohio before heading to New York to attend the upcoming United Nations General Assembly. (AP Photo/Susan Walsh)

 トランプ大統領は、国連総会が月曜日に開幕し、大統領の国家安全保障チームの大改造の最中でエスカレートする外交的課題に伴い、イランへ対抗するように世界が結集すること決意している。

 ニューヨークで開かれる年次国際集会の前夜、マイク・ポンペオ国務長官は敵対性が増しているイランへの規制を一致団結して取り組むことは”世界の責任”だと述べた。ポンペオ氏はアメリカは外交に賛成であり、軍事行動は避けたいことを強調した。

Trump Central Review【定期購読】


順調な経済再開、悲観的な予測は的中せず

(2020年05月30日)

ポンペオ氏、世界が中国の脅威に目覚め始めている

(2020年05月29日)

中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)
→その他のニュース