トランプ氏国連で同盟国にイランの攻撃に対抗するよう求める

(2019年9月22日)

President Donald Trump talks with reporters before leaving on Marine One on the South Lawn of the White House in Washington, Sunday, Sept. 22, 2019. Trump is traveling to Texas and Ohio before heading to New York to attend the upcoming United Nations General Assembly. (AP Photo/Susan Walsh)

 トランプ大統領は、国連総会が月曜日に開幕し、大統領の国家安全保障チームの大改造の最中でエスカレートする外交的課題に伴い、イランへ対抗するように世界が結集すること決意している。

 ニューヨークで開かれる年次国際集会の前夜、マイク・ポンペオ国務長官は敵対性が増しているイランへの規制を一致団結して取り組むことは”世界の責任”だと述べた。ポンペオ氏はアメリカは外交に賛成であり、軍事行動は避けたいことを強調した。

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース