トランプ氏から世界の指導者へ「未来はグローバリストたちのものではない」

(2019年9月24日)

Photo by: Richard Drew U.S. President Donald Trump addresses the 74th session of the United Nations General Assembly, Tuesday, Sept. 24, 2019. (AP Photo/Richard Drew)

 トランプ大統領は火曜日、イランの”残忍さ”を強く避難し、また国境の厳重な取り締まりは明白な国家主権の防衛であると擁護した。また世界の指導者らに対して文化の基礎を守り、自国民を優先させるように語った。

 「未来はグローバリストたちのものではない。未来は愛国者達のものだ」と、トランプ氏は国連総会で暗くかつユーモア全くなしの厳粛な演説中にそう述べた。

Trump Central Review【定期購読】


新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)

バイデン政権の司法長官人事は非常に偏ったものになる懸念が払しょくできない

(2021年01月10日)

ビッグス下院議員、パキスタンから米同盟国の地位を奪う法案提出

(2021年01月09日)

ハンター・バイデン氏のメールに登場する人物が政権移行チームに

(2021年01月08日)

下院「アーメン、アウーマン」の祈祷で開幕、共和議員らが反発

(2021年01月07日)
→その他のニュース