穏健派民主議員らが、弾劾支持を表明

(2019年10月3日)

Photo by: J. Scott Applewhite / Rep. Elaine Luria, D-Va., right, followed by Rep. Abigail Spanberger, D-Va., left, leave a House Democratic Caucus meeting with Speaker of the House Nancy Pelosi, D-Calif., where she was persuaded to launch a formal impeachment inquiry against President Donald Trump, at the Capitol in Washington, Tuesday, Sept. 24, 2019. Rep. Luria and Rep. Spanberger are two of several freshmen Democrats with national security backgrounds who wrote an op-ed letter to the Washington Post calling for Trump’s impeachment. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By Gabriella Muñoz – The Washington Times – Wednesday, October 2, 2019

 民主党のエレーヌ・ルリア下院議員は、党の銃規制重視の方針を黙って受け入れ、退役軍人の権利を擁護し、全米で注目を集めることよりも、バージニア州の保守的なノーフォークに集中してきた。ところが急に弾劾に前向きに取り組み始めた。

 元海軍中佐のルリア氏に先週、注目が集まった。安全保障畑の6人の新人民主党議員とともに、トランプ大統領の正式な弾劾調査に支持を表明したためだ。

 ジョージ・メーソン大学の政治学教授ジェニファー・ビクター氏は、ルリア氏ら穏健派の支持表明で、弾劾をめぐる「局面が変わった」と指摘した。

 「強固なリベラル派ではない。新人議員。党の指導や方針にはよく従う。一部は穏健な選挙区で選出されている。これらの議員が、堂々と、『もうたくさんだ。考えが変わった。非常に深刻だ』と言い始めたことで、潮目が大きく変わり始めた」

 一方で共和党の標的にもなった。

・・・(残り1954文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース