4割超がバイデン氏はウクライナに圧力-調査

(2019年10月4日)

Photo by: John Locher / Former Vice President and Democratic presidential candidate Joe Biden speaks during a gun safety forum Wednesday, Oct. 2, 2019, in Las Vegas. (AP Photo/John Locher)


By Alex Swoyer – The Washington Times – Thursday, October 3, 2019

 有権者の多くが、バイデン前副大統領は、ウクライナ当局者に圧力を掛けて、ウクライナのエネルギー企業とバイデン氏の息子との関係への調査をやめさせたようだと思っている-今週公表されたモンマス大学の調査で明らかになった。

 2日に公表された調査によると、先月、調査に協力した人々の43%が、バイデン氏の疑惑をめぐるトランプ氏の主張は事実だと思っていると答えた。トランプ氏は、バイデン氏が副大統領としての地位を利用して、息子のハンター氏のウクライナ企業との関係を調査していた検察官を解雇させたと主張している。この企業はハンター氏に月約5万㌦を支払っていた。トランプ氏の擁護者らは、バイデン氏の息子はウクライナについても、エネルギーについても専門知識を持っていないと指摘している。

・・・(残り205文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


アナリストはバノンを選挙キャンペーンに呼び戻すべきと主張

(2020年07月13日)

カナダ・メキシコとの貿易協定が発効、景気浮揚に期待

(2020年07月12日)

コロナ対応めぐり激戦州でトランプ氏に低評価

(2020年07月11日)

ブッシュ(子)政権の職員数百人がバイデン氏支持表明か

(2020年07月10日)

バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年07月09日)

民主党員の聞こえないふりの沈黙

(2020年07月08日)

タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
→その他のニュース