弾劾裁判、バイデン親子の証言も

(2019年10月8日)

Photo by: Visar Kryeziu / Family members gather for a road naming ceremony with U.S. Vice President Joe Biden, centre, his son Hunter Biden, left, and his sister Valerie Biden Owens, right, joined by other family members during a ceremony to name a national road after his late son Joseph R. “Beau” Biden III, in the village of Sojevo, Kosovo, on Wednesday, Aug. 17, 2016. President Joe Biden is the guest of honor during the street dedication ceremony naming the national road Joseph R. “Beau” Biden III.AP Photo/Visar Kryeziu)


By Stephen Dinan – The Washington Times – Monday, October 7, 2019

 上院でトランプ大統領の弾劾裁判が始まれば、バイデン前副大統領と息子のハンター氏が、証言を強いられる可能性がある。議会スタッフはこう指摘したうえで、民主党が、弾劾について十分に検討したうえで調査を進めているのかどうかに疑問を呈した。

 弾劾の専門家によると、弾劾裁判になればバイデン氏は、選挙戦の重要な時期にワシントンにいなければならなくなり、対立候補者らの多くもそうなる可能性が出てくる。立候補者のうち6人は上院議員だ。

 議会スタッフらによると、下院が特別検察官のロシア疑惑捜査に基づく容疑でトランプ氏を弾劾することになれば、解雇された連邦捜査局(FBI)の捜査官ピーター・ストラック、オバマ政権の重要人物らの証言につながる可能性がある。

 トランプ氏は、これらの証言すべてに臨むことも可能だ。専門家らによると、トランプ氏が証人らと対決することを求めれば、拒否することは困難だという。

 あるスタッフはワシントン・タイムズに対し、「民主党がこれらの点を考慮したとは思えない」と述べた。
 民主党は下院で、弾劾手続きを主導する。下院では過半数で弾劾訴追が承認される。これは事実上の政治的な起訴に当たる。

 ナンシー・ペロシ下院議長は、弾劾手続きを進めるかどうかについて決定していないと言っているが、議長とその取り巻きを見ると、弾劾に向かって急速に進んでいるように見える。下院が承認すれば、上院へと送られ、弾劾裁判が行われる。上院議員が陪審員となり、3分の2以上で有罪が宣告され、大統領は罷免される。

・・・(残り3238文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)
→その他のニュース