福音派、シリア撤収に懸念もトランプ氏を支持

(2019年10月15日)

Photo by: Manuel Balce Ceneta / President Donald Trump speaks at the Values Voter Summit in Washington, Saturday, Oct. 12, 2019. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Sunday, October 13, 2019

 キリスト教福音派は、トランプ大統領のシリア政策をたしなめたが、トランプ氏は依然、福音派の支持を受け、「クレージーな」左派を非難することで再結集させ、民主党の弾劾追求はキリスト教右派への攻撃でもあると断言した。

 トランプ氏は週末の「バリュー・ボーター(価値観重視の有権者)サミット」で、「あなた方のために戦っているから、左派は私を追及するんだ」と主張した。

 トランプ氏は、2016年にトランプ氏を支持したキリスト教保守派から、ヒーローのように大歓迎を受けた。トランプ氏は、大統領として大きな試練に直面しており、キリスト教保守派の支持は、2020年の選挙で勝利するには欠かせない。

 トランプ氏は、米国と協力関係にあるクルド人へのトルコの攻撃を前に、米兵の撤収を決定、福音派は、シリア北部のキリスト教徒や宗教的少数派が攻撃されるのではないかと懸念し、この決定に反発した。

 しかし、トランプ氏は12日、撤回を拒否。米兵の帰還は公約であり、メディアは、私が何をしても批判すると主張した。

・・・(残り1651文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース