福音派、シリア撤収に懸念もトランプ氏を支持

(2019年10月15日)

Photo by: Manuel Balce Ceneta / President Donald Trump speaks at the Values Voter Summit in Washington, Saturday, Oct. 12, 2019. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Sunday, October 13, 2019

 キリスト教福音派は、トランプ大統領のシリア政策をたしなめたが、トランプ氏は依然、福音派の支持を受け、「クレージーな」左派を非難することで再結集させ、民主党の弾劾追求はキリスト教右派への攻撃でもあると断言した。

 トランプ氏は週末の「バリュー・ボーター(価値観重視の有権者)サミット」で、「あなた方のために戦っているから、左派は私を追及するんだ」と主張した。

 トランプ氏は、2016年にトランプ氏を支持したキリスト教保守派から、ヒーローのように大歓迎を受けた。トランプ氏は、大統領として大きな試練に直面しており、キリスト教保守派の支持は、2020年の選挙で勝利するには欠かせない。

 トランプ氏は、米国と協力関係にあるクルド人へのトルコの攻撃を前に、米兵の撤収を決定、福音派は、シリア北部のキリスト教徒や宗教的少数派が攻撃されるのではないかと懸念し、この決定に反発した。

 しかし、トランプ氏は12日、撤回を拒否。米兵の帰還は公約であり、メディアは、私が何をしても批判すると主張した。

・・・(残り1651文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)

トランプ氏、オバマ政権時のFBI高官にフリン氏への謝罪要求

(2020年07月02日)

共和党議員ら、ドイツ駐留米軍削減の見直しをトランプ氏に要求

(2020年07月01日)

トランプ氏:ボルトン氏は犯罪者「収監されるべき」

(2020年06月30日)

ホワイトハウス、ベネズエラ政策に変化はない

(2020年06月29日)

独占記事:トランプ「バイデンはヒラリーよりもぜい弱だ」、力強い経済回復の中で

(2020年06月27日)

米大手ハイテク企業の保守派に対する偏向を追及する共和党

(2020年06月26日)
→その他のニュース