米軍、シリア撤収もサウジには派兵

(2019年10月18日)

Photo by: Manuel Balce Ceneta / President Donald Trump bows his head down as they say their prayer at the Values Voter Summit in Washington, Saturday, Oct. 12, 2019. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


By Guy Taylor and Ben Wolfgang – The Washington Times – Monday, October 14, 2019

 トランプ大統領は、シリアに駐留する1000人以上の米兵の撤収を大々的に宣伝している。国外の「終わりのない戦争」への関与を終わらせる2016年選挙戦の公約を実行し、支持基盤にアピールするためだ。

 問題点もある。国防総省がほぼ同時並行で進めているサウジアラビアへの米兵約3000人の派兵と新型ミサイルの配備が、イランとの緊張を高め、混迷の中東から手を引くというトランプ氏の公約が実施できなくなる可能性がある。

 政権当局者らは、サウジへの派兵は、シリア撤収とは矛盾しないと主張する。しかし、民間のアナリストらは、この二つの動きは、明確な戦略の転換を意味するものであり、中東での米軍の兵力全体の削減とは一致しないと主張している。アフガニスタンの駐留米兵を削減するための交渉も行き詰まっているようだ。

 オクラホマ大学中東研究所のジョシュア・ランディス所長は、「トランプ大統領は、中東政策を対イラン政策にしようとしている」と指摘した。

 ランティス氏は「大統領は、これらの『終わりのない戦争』から手を引きたがっている。アフガンとの交渉でも、シリア撤収でもこれは同じだ。トランプ氏は選挙戦でこの点を強くアピールした。今、それを国内の政治目的のための利用しようとしている。しかし、現状を見る限り、終わりのない戦争から脱出してはいない。サウジに兵力を送ってイランの問題に深く関与しようとしている。いずれ、しっぺ返しがある」と述べた。

 そのうえで「トランプ氏はおおむねイランのライオンを追い詰めた。ライオンは、ゆったりとは構えていられなくなり、餓死しそうになっている。何とかしようと必死になっている。イランの反応は、いっそうエスカレートするはずだ」と主張した。

・・・(残り2477文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース