下院院内幹事は弾劾調査をクリスマスまでに終えることを望んでいる

(2019年10月26日)

Majority Whip James Clyburn, D-S.C., pauses for reporters on the way to a Democratic Caucus where members will hear from former CIA Director John Brennan about the situation in Iran, at the Capitol in Washington, Tuesday, May 21, 2019. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By David Sherfinski – The Washington Times – Tuesday, October 22, 2019

 米民主党のジェームズ・クライバーン下院院内幹事は22日、下院がクリスマスまでにトランプ大統領に対する弾劾調査を終えることを望んでいると述べた。仮に2020年初頭までずれ込んだとしても、大統領予備選のスケジュールに重なることは避けられるとした。

 「私は日を追うごとに古い格言について考える。『急いては事を仕損ずる』はその一つだ」。サウスカロライナ州選出のクライバーン氏はCNNテレビの番組「ニュー・デイ」で語った。

 「クリスマスの前に終わらせることを願っている。ただ、それは感謝祭の後になるかもしれない」とクライバーン氏は述べた。「スケジュールを設定するつもりはないが、それが私の感触だ」。

・・・(残り421文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース