下院院内幹事は弾劾調査をクリスマスまでに終えることを望んでいる

(2019年10月26日)

Majority Whip James Clyburn, D-S.C., pauses for reporters on the way to a Democratic Caucus where members will hear from former CIA Director John Brennan about the situation in Iran, at the Capitol in Washington, Tuesday, May 21, 2019. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By David Sherfinski – The Washington Times – Tuesday, October 22, 2019

 米民主党のジェームズ・クライバーン下院院内幹事は22日、下院がクリスマスまでにトランプ大統領に対する弾劾調査を終えることを望んでいると述べた。仮に2020年初頭までずれ込んだとしても、大統領予備選のスケジュールに重なることは避けられるとした。

 「私は日を追うごとに古い格言について考える。『急いては事を仕損ずる』はその一つだ」。サウスカロライナ州選出のクライバーン氏はCNNテレビの番組「ニュー・デイ」で語った。

 「クリスマスの前に終わらせることを願っている。ただ、それは感謝祭の後になるかもしれない」とクライバーン氏は述べた。「スケジュールを設定するつもりはないが、それが私の感触だ」。

・・・(残り421文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース