上院の壁、シリア撤退・人種差別的発言にも関わらずトランプに固執

(2019年10月28日)


 米共和党上院議員はトランプ大統領を見捨てることを拒んでいる。トランプ氏はときどき逸脱した言動を取ることもあるが、下院民主党によって弾劾訴追がなされても、それらがトランプ氏をホワイトハウスから追放する理由にはならないという。

 シリアからの米軍撤退と人種問題を想起させる発言に共和党議員らは気分を害されたにもかかわらず、大統領を見捨てるつもりはない。こうした事実は、2020年大統領選前にトランプ氏を辞任させたい民主党の弾劾強硬派が高いハードルに直面していることを明確にしている。

 「それは高いバーだ」。カンザス州選出で共和党のパット・ロバーツ上院議員はこう述べた。

 下院民主党は、政治的目的のためにウクライナへの軍事援助を保留したというホワイトハウスの企ての証明に徐々に近づいていると述べた。だが、トランプ氏を弾劾する手続きを進めれば、いずれは共和党の支配する上院で弾劾裁判をすることになる。そこでトランプ氏を解任するためには、上院議員の 3分の2が有罪判決を下すことが必要だ。これまでのところ、弾劾に必要な共和党議員20人が思い切って大統領と決別をする兆候はほとんどない。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース