上院の壁、シリア撤退・人種差別的発言にも関わらずトランプに固執

(2019年10月28日)

Photo by: Patrick Semansky / Sen. Lindsey Graham, R-S.C., speaks with members of the media, Tuesday, Oct. 22, 2019, on Capitol Hill in Washington. (AP Photo/Patrick Semansky)


By Ryan Lovelace and Tom Howell Jr. – The Washington Times – Tuesday, October 22, 2019

 米共和党上院議員はトランプ大統領を見捨てることを拒んでいる。トランプ氏はときどき逸脱した言動を取ることもあるが、下院民主党によって弾劾訴追がなされても、それらがトランプ氏をホワイトハウスから追放する理由にはならないという。

 シリアからの米軍撤退と人種問題を想起させる発言に共和党議員らは気分を害されたにもかかわらず、大統領を見捨てるつもりはない。こうした事実は、2020年大統領選前にトランプ氏を辞任させたい民主党の弾劾強硬派が高いハードルに直面していることを明確にしている。

 「それは高いバーだ」。カンザス州選出で共和党のパット・ロバーツ上院議員はこう述べた。

 下院民主党は、政治的目的のためにウクライナへの軍事援助を保留したというホワイトハウスの企ての証明に徐々に近づいていると述べた。だが、トランプ氏を弾劾する手続きを進めれば、いずれは共和党の支配する上院で弾劾裁判をすることになる。そこでトランプ氏を解任するためには、上院議員の 3分の2が有罪判決を下すことが必要だ。これまでのところ、弾劾に必要な共和党議員20人が思い切って大統領と決別をする兆候はほとんどない。

 トランプ氏は、民主党が2020年大統領選には勝てないと判断したため、唯一の選択肢として弾劾を「できるだけ迅速に」したがっていると主張する。一方で、トランプ氏は弾劾や共和党の潜在的な裏切り者に対し敵意をあからさまにし、共和党議員に対し民主党議員がトランプ氏に粗暴に振る舞うのを許してはならないと訴えた。

 「すべての共和党員は、ここで目撃していることを覚えておかないといけない。リンチだ。だが、我々は勝つ!」。トランプ氏が「リンチ」という言葉をツイッターで使用したことは政界に大きな衝撃を与えた。

・・・(残り2135文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース