対中国で「老いぼれ」戦闘機のハイテク化を目指す米空軍

(2019年11月1日)

Photo by: Lee Jae-won / A KC-135 Stratotanker from the 909 Air Fueling Squadron of the 18th Wing of the U.S. Air Force, based in Japan’s Kadena, conducts aerial refueling to a F-16 Fighting Falcon from the U.S. Seventh Air Force’s 8th Fighter Wing, based in South Korea’s Gunsan, during a joint military drills between South Korea and the U.S. over the East Sea, east of Seoul, South Korea, Monday, July 26, 2010. (AP Photo/Lee Jae-won, Pool)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Tuesday, October 29, 2019

 米空軍は、21世紀の最先端戦闘機を5年以内に開発し、試験し、配備できると信じている。

 その後の5年間で、これを再びやるという計画だ。

 明日の技術を今日の航空機に組み込むために、米空軍は過去数十年で最大の抜本改革の一つに着手している。50年以上使うことを想定した戦闘機を製造する高額プログラムにしがみつくのではなく、専門任務に特化した寿命の短い多様な航空機から成る部隊へと変えようとしている。

 米空軍の「デジタル世紀シリーズ」は、1950年代から60年代前半に進められた「世紀シリーズ」の後継プログラムで、国防総省と民間企業の革命的な協力を求めている。このプログラムでは、軍事企業は5年以内に計画を作成し、必要なすべての調査・開発を行い、すぐに戦える航空機を空軍に引き渡すことが求められる。

 専門家や空軍OBらによると、・・・

(残り954文字)

Trump Central Review【定期購読】


順調な経済再開、悲観的な予測は的中せず

(2020年05月30日)

ポンペオ氏、世界が中国の脅威に目覚め始めている

(2020年05月29日)

中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)
→その他のニュース