対中国で「老いぼれ」戦闘機のハイテク化を目指す米空軍

(2019年11月1日)


 米空軍は、21世紀の最先端戦闘機を5年以内に開発し、試験し、配備できると信じている。

 その後の5年間で、これを再びやるという計画だ。

 明日の技術を今日の航空機に組み込むために、米空軍は過去数十年で最大の抜本改革の一つに着手している。50年以上使うことを想定した戦闘機を製造する高額プログラムにしがみつくのではなく、専門任務に特化した寿命の短い多様な航空機から成る部隊へと変えようとしている。

 米空軍の「デジタル世紀シリーズ」は、1950年代から60年代前半に進められた「世紀シリーズ」の後継プログラムで、国防総省と民間企業の革命的な協力を求めている。このプログラムでは、軍事企業は5年以内に計画を作成し、必要なすべての調査・開発を行い、すぐに戦える航空機を空軍に引き渡すことが求められる。

 専門家や空軍OBらによると、・・・ (残り954文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース