対中国で「老いぼれ」戦闘機のハイテク化を目指す米空軍

(2019年11月1日)

Photo by: Lee Jae-won / A KC-135 Stratotanker from the 909 Air Fueling Squadron of the 18th Wing of the U.S. Air Force, based in Japan’s Kadena, conducts aerial refueling to a F-16 Fighting Falcon from the U.S. Seventh Air Force’s 8th Fighter Wing, based in South Korea’s Gunsan, during a joint military drills between South Korea and the U.S. over the East Sea, east of Seoul, South Korea, Monday, July 26, 2010. (AP Photo/Lee Jae-won, Pool)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Tuesday, October 29, 2019

 米空軍は、21世紀の最先端戦闘機を5年以内に開発し、試験し、配備できると信じている。

 その後の5年間で、これを再びやるという計画だ。

 明日の技術を今日の航空機に組み込むために、米空軍は過去数十年で最大の抜本改革の一つに着手している。50年以上使うことを想定した戦闘機を製造する高額プログラムにしがみつくのではなく、専門任務に特化した寿命の短い多様な航空機から成る部隊へと変えようとしている。

 米空軍の「デジタル世紀シリーズ」は、1950年代から60年代前半に進められた「世紀シリーズ」の後継プログラムで、国防総省と民間企業の革命的な協力を求めている。このプログラムでは、軍事企業は5年以内に計画を作成し、必要なすべての調査・開発を行い、すぐに戦える航空機を空軍に引き渡すことが求められる。

 専門家や空軍OBらによると、・・・

(残り954文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース