イスラム国指導者バグダディ殺害によって浮上する新たな脅威

(2019年11月2日)


 過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者アブバクル・バグダディ容疑者が先週末、米軍特殊部隊の手で殺害された。ISは殺害を見越して準備をし、すでに、その空白を埋めるための行動を開始しているようだ。専門家らは27日、戦いの次の段階に注意を向けるべきだと警告した。

 トランプ大統領は27日、バグダディ容疑者が、シリア北西部イドリブ県で、米兵に追い詰められ、トンネルの中で「泣き叫びながら」死んでいったと発表した。自爆ベストを爆破させて、妻、3人の子供とともに死亡した。

 バグダディ容疑者の素性は謎の部分が多い。5年前に、「イラクとシリアのイスラム国」(ISIS)を強大な宗教的「カリフ国家」へと発展させた。イラクとシリアの広大な地域を支配し、何万人ものよく訓練され戦闘員を擁していた。同容疑者の死亡は、米国のISとの戦いでの大勝利であり、トランプ氏にとっては外交での大きな成果だ。

 トランプ氏はホワイトハウスでの演説で、「昨夜、米国は世界でナンバーワンのテロリストに裁きを下した。犬のように、おびえながら死んでいった。世界は今、より安全な場所になった」と述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース