イスラム国指導者バグダディ殺害によって浮上する新たな脅威

(2019年11月2日)

Photo by: Andrew Harnik / President Donald Trump walks from the podium after speaking in the Diplomatic Room of the White House in Washington, Sunday, Oct. 27, 2019. (AP Photo/Andrew Harnik)


By Ben Wolfgang and Dave Boyer – The Washington Times – Sunday, October 27, 2019

 過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者アブバクル・バグダディ容疑者が先週末、米軍特殊部隊の手で殺害された。ISは殺害を見越して準備をし、すでに、その空白を埋めるための行動を開始しているようだ。専門家らは27日、戦いの次の段階に注意を向けるべきだと警告した。

 トランプ大統領は27日、バグダディ容疑者が、シリア北西部イドリブ県で、米兵に追い詰められ、トンネルの中で「泣き叫びながら」死んでいったと発表した。自爆ベストを爆破させて、妻、3人の子供とともに死亡した。

 バグダディ容疑者の素性は謎の部分が多い。5年前に、「イラクとシリアのイスラム国」(ISIS)を強大な宗教的「カリフ国家」へと発展させた。イラクとシリアの広大な地域を支配し、何万人ものよく訓練され戦闘員を擁していた。同容疑者の死亡は、米国のISとの戦いでの大勝利であり、トランプ氏にとっては外交での大きな成果だ。

 トランプ氏はホワイトハウスでの演説で、「昨夜、米国は世界でナンバーワンのテロリストに裁きを下した。犬のように、おびえながら死んでいった。世界は今、より安全な場所になった」と述べた。

 しかし、アナリスト、軍当局者、議員らは、バグダディ容疑者の死によって、これまでとはまったく違う、安全保障上の課題が生まれたと指摘している。ISがテロ事件を起こしたり、米同時多発テロ後のアルカイダのように、地下に潜り存続したりする可能性がある。後継者がアルカイダと手を結び、中東にスーパーテロ組織を形成する可能性すらある。

...(残り2953文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース