アイオワ州予備選世論調査2位、ブティジェッジは中道的なオバマ支持者の獲得へ

(2019年11月5日)

Photo by: Bryon Houlgrave / Democratic presidential candidate Pete Buttigieg speaks to supporters at Iowa State University during a town hall style meeting on Wednesday, Oct. 16, 2019, in Ames, Iowa. (Bryon Houlgrave/The Des Moines Register via AP)


By Seth McLaughlin – The Washington Times – Sunday, October 27, 2019

 インディアナ州サウスベンドのピート・ブティジェッジ市長は、他の民主党大統領候補者がしなかったことをしようとしている。アイオワ州での全米最初の党員集会の前にダラス郡に選挙事務所を開設する。

 アイオワ州党員集会ではずっと、リベラル派活動家の牙城である都市部が最大の戦場となり、注目されてきた。好景気のデモイン郊外に拠点を構える決定は、それ以外のこれまであまり注目されてこなかった有権者を引き付ける戦略を象徴している。その中には、党を離れた共和党員と無党派も含まれている。

 世論調査人ジョン・クービヨン氏は「これらの地域で勝てれば、さまざまな思想を持つ民主党候補者の中で、主導権をめぐってジョー・バイデン氏(前副大統領)に対抗できる。民主党候補の多くが、進歩的勢力を奪い合っている一方で、穏健派はそれほど注目されてこなかった」と指摘した。

 ブティジェッジ氏は、前回の民主党候補討論会以来、好調を維持してきた。この討論会で大勝利したとの見方が多く、エリザベス・ウォーレン上院議員とその左派思想に代わる候補になりうるとして強く主張したことが評価された。

 先週公表されたアイオワ州立大学/シビックス調査によると、・・・

(残り2108文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)

共和党スーザン・コリンズ上院議員、党派を超えた活動実績をアピール

(2020年05月19日)

ピーター・ナヴァロ氏、現状が経済大不況であることを否定

(2020年05月18日)

オバマ氏、トランプ氏のコロナ対応は「混沌とした大惨事」

(2020年05月17日)

国防相総省は新型コロナウイルスの第2波に備えて準備中

(2020年05月16日)

ポンペオ国務長官、ベネズエラ軍に拘束された米国民は奪還する

(2020年05月15日)
→その他のニュース