米大統領選、激戦州でトランプ氏と民主党有力候補が接戦

(2019年11月9日)

Photo by: Manuel Balce Ceneta / President Donald Trump speaks to reporters upon arrival at the White House in Washington, Sunday, Nov. 3, 2019. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


By David Sherfinski – The Washington Times – Monday, November 4, 2019

 トランプ米大統領は、2020年大統領選の結果を左右するとみられる重要州で接戦を強いられている。4日に発表された世論調査によると、バイデン副大統領は、トランプ氏との仮想の対決で、最も優位に立つ民主党候補となっている。

 米紙ニューヨーク・タイムズと米シエナ大学の調査によると、投票に行く可能性が高い有権者の中で、バイデン氏はトランプ氏に対してペンシルベニア、ミシガン、フロリダ、ウィスコンシン、アリゾナの各州で1~2ポイント上回った。一方、トランプ氏はノースカロライナ州で2ポイント上回った。

 バーモント州選出のサンダース上院議員は、トランプ氏に対してミシガン州で3ポイント上回ったが、ペンシルベニア、フロリダ、アリゾナ、ノースカロライナの各州ではトランプ氏を1~4ポイント下回った。両候補は、ウィスコンシン州で拮抗している。

 マサチューセッツ州選出のウォーレン上院議員はトランプ氏に対し・・・

(残り496文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース