「パリ協定」後も温室ガス増加

(2019年11月10日)


ホワイトハウスは、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を固めたことで、左派から激しい非難を受けているが、2015年締結のこの協定の履行が進んでいないことの方が、トランプ大統領よりも大きな問題をはらんでいる。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


郵便公社の法執行機関、米国民への監視は制御不能な状態になっている

(2021年05月16日)

バイデン大統領、中東欧諸国「ブカレスト9」首脳会議に参加

(2021年05月15日)

カマラ・ハリス副大統領、中南米からの移民問題は気候変動が原因

(2021年05月15日)

ペンス元副大統領、キャンセルカルチャーによる圧政を終わらせよう

(2021年05月14日)

共和有力議員、ケリー気候変動特使の利害の衝突を懸念

(2021年05月13日)

コロナ禍の米、自立から社会主義へ

(2021年05月12日)

リズ・チェイニー氏、共和党幹部の地位喪失か

(2021年05月12日)

バイデン外交、同盟国に安心感も課題は山積

(2021年05月09日)

対北政策、米朝共同声明をベースに-デトラニ氏、「戦略的忍耐」は失敗

(2021年05月07日)

就任100日、左傾化強めるバイデン政権

(2021年05月07日)
→その他のニュース