「パリ協定」後も温室ガス増加

(2019年11月10日)


ホワイトハウスは、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」からの離脱を固めたことで、左派から激しい非難を受けているが、2015年締結のこの協定の履行が進んでいないことの方が、トランプ大統領よりも大きな問題をはらんでいる。

→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


テキサス州の停電は人災である

(2021年02月28日)

EU、バイデン氏歓迎の一方で難しい課題も

(2021年02月27日)

バイデン氏、1兆9000億㌦コロナ経済対策の減額受け入れの用意

(2021年02月26日)

バイデン大統領、パリ協定に復帰

(2021年02月25日)

民主、黒人への賠償法案に意欲

(2021年02月24日)

レストラン経営者、コロナ経済対策による賃金上昇を懸念

(2021年02月23日)

バイデン氏、グアンタナモ収容所閉鎖へ検討命じる

(2021年02月22日)

国防総省、対中タスクフォースは永続的なものとしては想定していない

(2021年02月21日)

「今は来るべき時ではない」ホワイトハウスが移民に呼び掛け

(2021年02月20日)

バイデン政権は中国の米大学浸透をどのように容認しているか

(2021年02月19日)
→その他のニュース