イランの挑発的記念日

(2019年11月12日)


イランには特に悪いことに対する長年の記憶―1979年のテヘランの米国大使館への襲撃と、444日間の人質危機の勃発―がある。現行の(イスラム聖職者)ムッラーによる政権は、あの騒がしかった日の40周年記念日を、米国その他、世界中のすべての国家に、同国の核計画の急速な加速を公表するための日として選んだのである。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


「ミュンヘンの虐殺」のイスラエル人犠牲者を、49年後に初めて追悼した東京五輪の開会式

(2021年07月30日)

キューバのデモ参加者の解放求め21カ国が署名

(2021年07月29日)

敵国へのエネルギー依存に向かうバイデン氏

(2021年07月28日)

バイデン政権高官、マスク強制に再び回帰することを考えている

(2021年07月27日)

米大リーグでドラフト指名された正統派ユダヤ教徒は安息日もプレーするのか

(2021年07月25日)

コロナ関連死で子供150万人が保護者失う

(2021年07月24日)

「オバマ政権と変わらない」:バイデンのレッドラインを無視するハッカー

(2021年07月24日)

DACA違法判決受け、不法移民保護を急ぐ民主党

(2021年07月23日)

シューマー院内総務、8月休会までのインフラ法案成立目指し、民主党員に圧力

(2021年07月22日)

ぬかるみの内国歳入庁に出す金はない

(2021年07月21日)
→その他のニュース