イランの挑発的記念日

(2019年11月12日)


イランには特に悪いことに対する長年の記憶―1979年のテヘランの米国大使館への襲撃と、444日間の人質危機の勃発―がある。現行の(イスラム聖職者)ムッラーによる政権は、あの騒がしかった日の40周年記念日を、米国その他、世界中のすべての国家に、同国の核計画の急速な加速を公表するための日として選んだのである。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の移民支援要請を拒否せよ

(2021年04月21日)

ニュート・ギングリッチ元下院議長「米国の文明の危機」

(2021年04月21日)

話を聞く気ある?インフラ投資法案はバイデン政権の共和党に対するテスト

(2021年04月20日)

バイデン政権のEV普及促進は中国に恩恵

(2021年04月19日)

大統領が有給、処方薬予算を提案へ-ペロシ氏

(2021年04月18日)

バイデン政権のインフラ計画でGDPと債務が減少か

(2021年04月17日)

トランプ氏のミラー元上級顧問、バイデン政権との法廷掃討に組織立ち上げ

(2021年04月16日)

「ISは滅びていない」米軍が攻撃を強化

(2021年04月16日)

ICEを守り、聖域都市と戦う 国土安保長官が強調

(2021年04月15日)

バイデン大統領、ロシアとの対立の中で、ウクライナ支援を確認

(2021年04月14日)
→その他のニュース