ホワイトハウスはオピオイドを巡る中国の対応を称賛

(2019年11月15日)

Photo by: Jin Liangkuai / A trial continues as fentanyl drug traffickers are sentenced in court, Thursday, Nov. 7, 2019, in Xingtai, north China’s Hebei Province. The court sentenced at least nine fentanyl traffickers Thursday in a case that was a culmination of a rare collaboration between Chinese and U.S. law enforcement to crack down on global networks that manufacture and distribute lethal synthetic opioids. (Jin Liangkuai/Xinhua via AP)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, November 7, 2019

 ホワイトハウス国家薬物取締政策局のジム・キャロル長官は、この処罰について「この問題に対するトランプ大統領の強力なリーダーシップに加え、米国人の命を救うという政府全体の決意を多くの議員が共有したことによる直接の結果だ」と述べた。

 「中国のフェンタニルの生産と密売に対する起訴は、トランプ大統領が取り付けた約束を順守するための前向きな一歩だ」とキャロル氏は語った。「これらの致死的な物質の米国への流入を防ぐためさらなる協力を期待している」。

 こうした中国の対応は、・・・

(残り499文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

(2021年01月11日)
→その他のニュース