ニッキー・ヘイリー前国連大使:ティラーソンとケリーがトランプを妨害しようとしたことは「危険な道だ」

(2019年11月16日)

In this July 20, 2018, file photo, U.S. Ambassador to the United Nations Nikki Haley speaks to reporters at United Nations headquarters. (AP Photo/Mary Altaffer, File)


By – Associated Press – Sunday, November 10, 2019

 【ニューヨーク】トランプ大統領の指名を受けて国連大使に就任していたニッキ・ヘイリー氏は間もなく出版される自伝で、トランプ政権内の2人の高官がヘイリー氏を、トランプ氏の政策への反対に協力させようとしていたと主張した。

 ヘイリー前国連大使は自伝で、ティラーソン前国務長官とジョン・ケリー前大統領首席補佐官は「危険な道」を進んでいたと記している。

 自伝のタイトルは「ウィズ・オール・デュー・リスペクト」。ヘイリー氏は、ティラーソン、ケリー両氏と会った際の様子を記している。両氏は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」離脱などをめぐってトランプ氏と違う考えを持っていた。

 両氏は、「国を救おう」としていたが、自身の考えを押し通そうとしているだけだと思ったとヘイリー氏は指摘。「ショックを受けた」と述懐している。

 自伝は12日に発売される。APが発売前に入手した。

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース