ニッキー・ヘイリー前国連大使:ティラーソンとケリーがトランプを妨害しようとしたことは「危険な道だ」

(2019年11月16日)

In this July 20, 2018, file photo, U.S. Ambassador to the United Nations Nikki Haley speaks to reporters at United Nations headquarters. (AP Photo/Mary Altaffer, File)


By – Associated Press – Sunday, November 10, 2019

 【ニューヨーク】トランプ大統領の指名を受けて国連大使に就任していたニッキ・ヘイリー氏は間もなく出版される自伝で、トランプ政権内の2人の高官がヘイリー氏を、トランプ氏の政策への反対に協力させようとしていたと主張した。

 ヘイリー前国連大使は自伝で、ティラーソン前国務長官とジョン・ケリー前大統領首席補佐官は「危険な道」を進んでいたと記している。

 自伝のタイトルは「ウィズ・オール・デュー・リスペクト」。ヘイリー氏は、ティラーソン、ケリー両氏と会った際の様子を記している。両氏は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」離脱などをめぐってトランプ氏と違う考えを持っていた。

 両氏は、「国を救おう」としていたが、自身の考えを押し通そうとしているだけだと思ったとヘイリー氏は指摘。「ショックを受けた」と述懐している。

 自伝は12日に発売される。APが発売前に入手した。

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース