エスパー国防長官、裕福な韓国は米国の防衛費用を更に負担するべきだ

(2019年11月18日)

South Korean President Moon Jae-in, right, shakes hands with U.S. Defense Secretary Mark Esper, left, before a meeting at the presidential Blue House in Seoul, South Korea, Friday, Nov. 15, 2019. (Lee Jin-wook/Yonhap via AP)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Friday, November 15, 2019

 エスパー国防長官は15日、トランプ氏の韓国への米軍駐留経費増額要求を支持し、韓国は「豊かな」国であり、韓国の米兵2万8000人の駐留費の増額は可能だと主張した。

 ソウルで韓国政府高官らと会談後、エスパー氏は、韓国は「豊かな国であり、(米兵のために経費を)今以上に負担すべきだ」と述べた。

 ロイター通信によると、「年内に韓国による負担増で…(交渉を)終わらせることが重要だ」とエスパー氏は述べた。

 トランプ政権は2月、韓国側の負担を2018年の8億3000万ドルから、今年は9億2400万ドルに増額することで韓国と新たな合意を交わした。

 米国は新たな数字を公式には提示していなかったが、・・・

(残り82文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース