エスパー国防長官、裕福な韓国は米国の防衛費用を更に負担するべきだ

(2019年11月18日)

South Korean President Moon Jae-in, right, shakes hands with U.S. Defense Secretary Mark Esper, left, before a meeting at the presidential Blue House in Seoul, South Korea, Friday, Nov. 15, 2019. (Lee Jin-wook/Yonhap via AP)


By Ben Wolfgang – The Washington Times – Friday, November 15, 2019

 エスパー国防長官は15日、トランプ氏の韓国への米軍駐留経費増額要求を支持し、韓国は「豊かな」国であり、韓国の米兵2万8000人の駐留費の増額は可能だと主張した。

 ソウルで韓国政府高官らと会談後、エスパー氏は、韓国は「豊かな国であり、(米兵のために経費を)今以上に負担すべきだ」と述べた。

 ロイター通信によると、「年内に韓国による負担増で…(交渉を)終わらせることが重要だ」とエスパー氏は述べた。

 トランプ政権は2月、韓国側の負担を2018年の8億3000万ドルから、今年は9億2400万ドルに増額することで韓国と新たな合意を交わした。

 米国は新たな数字を公式には提示していなかったが、・・・

(残り82文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース