アイオワ州の世論調査でブティジェッジがリードを拡げる

(2019年11月20日)

Photo by: Chris Carlson / South Bend, Ind., Mayor Pete Buttigieg waves during a presidential forum at the California Democratic Party’s convention Saturday, Nov. 16, 2019, in Long Beach, Calif. (AP Photo/Chris Carlson)


By David Sherfinski – The Washington Times – Sunday, November 17, 2019

 2020年大統領選の民主党候補者選びに名乗りを上げているインディアナ州サウスベンドのピート・ブティジェッジ市長が、アイオワ州で支持率トップに立った。17日公表されたCNN/デモイン・レジスター/メディアコム調査で明らかになった。

 調査によると、党員集会参加予定者の25%がブティジェッジ氏を支持、9月のCNN/DMR調査から16ポイント増加した。

 マサチューセッツ州のエリザベス・ウォーレン上院議員はブティジェッジ氏に次ぐ16%、ジョセフ・バイデン前副大統領、バーモント州のバーナード・サンダース上院議員がともに15%で続いている。

 ウォーレン氏は、9月の調査から6ポイント、バイデン氏は5ポイント、サンダース氏は4ポイント低下した。

 ミネソタ州のエイミー・クロブシャー上院議員は6%で続いているが、9月の調査から3ポイント上昇した。

 ニュージャージー州のコリー・ブッカー上院議員、カリフォルニア州のカマラ・ハリス上院議員、ハワイ州のタルシ・ギャバード下院議員、投資家のトム・ステイヤー氏、ハイテク起業家アンドルー・ヤング氏は3%だった。

 出馬を表明し、まだ正式な選挙戦を開始していないマイケル・ブルームバーグ・ニューヨーク州前市長は2%。その他の候補者は1%未満だった。

 調査は、党員集会参加見込みの500人を対象に11月8日から13日に行われ、誤差の範囲はプラス・マイナス4.4%ポイント。

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)

共和党スーザン・コリンズ上院議員、党派を超えた活動実績をアピール

(2020年05月19日)

ピーター・ナヴァロ氏、現状が経済大不況であることを否定

(2020年05月18日)

オバマ氏、トランプ氏のコロナ対応は「混沌とした大惨事」

(2020年05月17日)

国防相総省は新型コロナウイルスの第2波に備えて準備中

(2020年05月16日)

ポンペオ国務長官、ベネズエラ軍に拘束された米国民は奪還する

(2020年05月15日)
→その他のニュース