アフガンで拘束の2人解放、米政権が発表

(2019年11月21日)

Photo by: Evan Vucci President Donald Trump speaks during an event on healthcare prices in the Roosevelt Room of the White House, Friday, Nov. 15, 2019, in Washington. (AP Photo/ Evan Vucci)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Tuesday, November 19, 2019

 アフガニスタンで2016年8月、反政府勢力タリバンに銃を突き付けられ、拉致されていた2人の大学教授が解放された。ホワイトハウスが19日、明らかにした。これによって停滞している和平交渉が復活する可能性もある。

 ステファニー・グリシャム大統領報道官は、米国人のケビン・キング、オーストラリア人のチモシー・ウィークスの両氏が19日に救出され、健康チェックを受けていることを確認した。

 両氏は、拉致された当時、アフガンのアメリカン大学に勤務していた。

 グリシャム氏は「トランプ政権は、拘束された米国と同盟国の国民の自由を守るために休むことなく働き続ける。トランプ政権は今後も、平和を推進する一方で、アフガンが米国と同盟国に対する攻撃に使われることが2度とないようにするために働く」と述べた。

 2人は、3人のタリバン幹部と引き換えに解放された。タリバンは、解放が、・・・

(残り1067文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)
→その他のニュース