第11控訴裁で共和党判事が多数派に

(2019年11月22日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump listens to a question during a cabinet meeting at the White House, Tuesday, Nov. 19, 2019, in Washington. (AP Photo/ Evan Vucci)


By Alex Swoyer – The Washington Times – Tuesday, November 19, 2019

 共和党上院議員らは19日、トランプ大統領の第11連邦巡回控訴裁判事指名を承認した。週内にもう1人、承認される予定で、共和党大統領指名の判事が同控訴裁で多数派になる。

 連邦裁判所を保守へと立て直すというトランプ氏の公約のもとで、共和党が多数派になる連邦控訴裁は三つ目だ。

 上院は19日、64対31でロバート・ラック判事の指名を承認した。

 ラック氏は現在、フロリダ州最高裁の判事。今年に入ってロン・デサンティス知事に任命された。2013年から同州の下級裁の判事だった。それ以前は、フロリダ州南部地区検事補を務めていた。

 ラック氏が加わったことで、・・・

(残り565文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース