第11控訴裁で共和党判事が多数派に

(2019年11月22日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump listens to a question during a cabinet meeting at the White House, Tuesday, Nov. 19, 2019, in Washington. (AP Photo/ Evan Vucci)


By Alex Swoyer – The Washington Times – Tuesday, November 19, 2019

 共和党上院議員らは19日、トランプ大統領の第11連邦巡回控訴裁判事指名を承認した。週内にもう1人、承認される予定で、共和党大統領指名の判事が同控訴裁で多数派になる。

 連邦裁判所を保守へと立て直すというトランプ氏の公約のもとで、共和党が多数派になる連邦控訴裁は三つ目だ。

 上院は19日、64対31でロバート・ラック判事の指名を承認した。

 ラック氏は現在、フロリダ州最高裁の判事。今年に入ってロン・デサンティス知事に任命された。2013年から同州の下級裁の判事だった。それ以前は、フロリダ州南部地区検事補を務めていた。

 ラック氏が加わったことで、・・・

(残り565文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース