トランプ「カナダ、メキシコはUSMCAに対する忍耐が切れそう」ペロシによる弾劾批判で

(2019年11月24日)

President Donald Trump pauses during an event on healthcare prices in the Roosevelt Room of the White House, Friday, Nov. 15, 2019, in Washington. (AP Photo/ Evan Vucci)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Wednesday, November 20, 2019

 トランプ大統領は20日、メキシコとカナダは、北米貿易協定を下院民主党が取り上げるのを待ち切れず、協定から「逃げる」かもしれないと訴えた。

 トランプ氏は19日に続いて20日も、ウクライナへの軍事援助に対するホワイトハウスの対応をめぐる弾劾調査を進めているペロシ下院議長らを非難しており、その中で一向に進まない貿易協定をめぐってメキシコ、カナダがいら立っている可能性を示唆した。

 トランプ氏は、「ペロシ氏は、最も生産性の低い下院議長として歴史に名を残すことになる。AOCプラス3とラジカル・レフトに支配されている」とツイート、リベラル派党員らが民主党を支配しているという従来の主張を繰り返した。

 トランプ氏らは、米メキシコ・カナダ貿易協定(USMCA)などの経済政策を掲げることで、弾劾公聴会に対抗する構えだ。

 トランプ氏がテキサス州のアップル工場を視察する一方で、・・・

(残り345文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース