トランプ氏、ロムニー氏ら共和党上院議員招き昼食会

(2019年11月29日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump speaks during a tour of an Apple manufacturing plant, Wednesday, Nov. 20, 2019, in Austin. (AP Photo/ Evan Vucci)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, November 21, 2019

 トランプ大統領は21日、弾劾裁判が実施された場合に陪審員となる上院議員の中でも立場のはっきりしない一部の上院議員らをホワイトハウスの昼食会に招いて、下院主導の弾劾で「主導権」を手に入れる強い意志を表明した。

 トランプ氏は、「キャビネット・ルーム」での私的昼食会の初めに短くスピーチした。昼食会には、ミット・ロムニー(ユタ州)、スーザン・コリンズ(メーン州)両上院議員らが参席。2人は、弾劾を支持する可能性があるとみられている。

 コリンズ氏はその後、トランプ氏が上院議員らに影響力を及ぼそうとしたと思うかとの質問に対し、記者団に「それはなかった」と答えた。

 「とてもいい昼食会だった。主に処方薬価や電子タバコのことを話し合った」

 トランプ氏は昼食会前、下院の弾劾公聴会について「われわれが勝つ。すぐに主導権を手に入れる」とツイートした。

 現在、上院は共和党が多数派を占めている。トランプ氏を罷免するには、その上院で3分の2以上が賛成する必要がある。それには、53人の共和党上院議員のうち少なくとも20人が民主党とともにトランプ氏罷免に賛成する必要がある。

 ロムニー氏は、トランプ氏と意見が対立しているが、・・・

(残り1781文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース