弾劾公聴会のテレビ中継、米国民の大多数は視聴せず

(2019年11月30日)

By Stephen Dinan and Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, November 20, 2019


By Stephen Dinan and Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, November 20, 2019

 米国民の数はおよそ3億3000万人だ。視聴率によると、そのうち3億2000万人近くは、下院がトランプ大統領に対して進めている弾劾の手続きを見ていない。

 テレビ各局は全米が注目するだろうと強く信じ、すべてのケーブルニュース局とほとんどの地上波ネットワークが全面的に中継しているが、公聴会初期の視聴率は振るわなかった。有権者は視聴率を通じて意思表示している形だ。

 「常にテレビをつけているが、弾劾には全く関心がない」。ニューオーリンズの人気朝食・昼食スポット「マンディーズ」でウエートレスとして働くエミリー・ブラウンさんは、こう語った。

 ネブラスカ州オマハのバーテンダーたちは、ワシントン・タイムズ紙の取材に、・・・

(残り1031文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)

イランの脅威受け空母ニミッツの帰国中止

(2021年01月12日)
→その他のニュース