弾劾公聴会のテレビ中継、米国民の大多数は視聴せず

(2019年11月30日)

By Stephen Dinan and Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, November 20, 2019


By Stephen Dinan and Valerie Richardson – The Washington Times – Wednesday, November 20, 2019

 米国民の数はおよそ3億3000万人だ。視聴率によると、そのうち3億2000万人近くは、下院がトランプ大統領に対して進めている弾劾の手続きを見ていない。

 テレビ各局は全米が注目するだろうと強く信じ、すべてのケーブルニュース局とほとんどの地上波ネットワークが全面的に中継しているが、公聴会初期の視聴率は振るわなかった。有権者は視聴率を通じて意思表示している形だ。

 「常にテレビをつけているが、弾劾には全く関心がない」。ニューオーリンズの人気朝食・昼食スポット「マンディーズ」でウエートレスとして働くエミリー・ブラウンさんは、こう語った。

 ネブラスカ州オマハのバーテンダーたちは、ワシントン・タイムズ紙の取材に、・・・

(残り1031文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米国の共産主義・マルクス主義運動はバイデン氏を全面支持

(2020年08月13日)

メディアへの不信、憂慮すべき水準に

(2020年08月12日)

共和議員、バイデン氏の副大統領候補の1人バス氏をカストロの賛同者と非難

(2020年08月11日)

米、中国に外交官の大幅削減を要求へ スパイ事件の急増を受け

(2020年08月10日)

バイデンの副大統領候補であるカレン・バス、2010年のサイエントロジー講演での発言で苦慮

(2020年08月09日)

北朝鮮の「クリスマスギフト」は「10月サプライズ」になるのか

(2020年08月07日)

「スパイゲート」の説明責任の窓口が閉ざされつつある

(2020年08月05日)

トランプ陣営、世論調査は不正確と主張

(2020年08月03日)

経済対策で共和党分裂も、保守派がトランプ氏に警告

(2020年07月31日)

トランプ陣営の新選対本部長「長く激しい戦いになる」

(2020年07月30日)
→その他のニュース