サウスカロライナでブティジェッジ大苦戦、性的志向ではなくアフリカ系有権者で

(2019年12月6日)

Photo by: Meg Kinnard / Presidential candidate Pete Buttigieg, mayor of South Bend, Indiana, has lackluster support among South Carolina Democrats, especially black voters. The media narrative has been that it’s his sexuality that’s the cause of the disconnect. But the voters say it’s his record on racial issues. (Associated Press)


By Seth McLaughlin – The Washington Times – Sunday, December 1, 2019

 【コロンビア(サウスカロライナ州)】メリッサ・トンプソン氏は、インディアナ州サウスベンド市のピート・ブティジェッジ市長が同性愛者であることよりも、過去の人種差別の方が重大だと述べた。

 ブティジェッジ氏は、アイオワ州とニューハンプシャー州で支持を延ばしているが、その勢いはまだサウスカロライナ州まで届いていない。ここではずっと、同性愛者を公言した大統領候補に、黒人有権者は背を向けている。

 しかし、トンプソン氏は、性的傾向が黒人有権者からの支持が得られない理由だとするのは、「無意味だ」と主張する。

 「自身の性的傾向とは無関係の黒人への対応の仕方について、ブティジェッジ氏には前歴がある。誰と結婚しようが、そんなことはどうでもいい。全く関係のない話だから」

 ブティジェッジ氏の出馬は、2020年大統領選の民主党候補者選びの中でも大変なサプライズだった。今は、アイオワ州とニューハンプシャー州で支持率トップに立つ。両州は、白人が圧倒的に多く、来年2月初めには指名争いが始まる。

 一方、サウスカロライナ州では振るわない。・・・

(残り1579文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース