サウスカロライナでブティジェッジ大苦戦、性的志向ではなくアフリカ系有権者で

(2019年12月6日)

Photo by: Meg Kinnard / Presidential candidate Pete Buttigieg, mayor of South Bend, Indiana, has lackluster support among South Carolina Democrats, especially black voters. The media narrative has been that it’s his sexuality that’s the cause of the disconnect. But the voters say it’s his record on racial issues. (Associated Press)


By Seth McLaughlin – The Washington Times – Sunday, December 1, 2019

 【コロンビア(サウスカロライナ州)】メリッサ・トンプソン氏は、インディアナ州サウスベンド市のピート・ブティジェッジ市長が同性愛者であることよりも、過去の人種差別の方が重大だと述べた。

 ブティジェッジ氏は、アイオワ州とニューハンプシャー州で支持を延ばしているが、その勢いはまだサウスカロライナ州まで届いていない。ここではずっと、同性愛者を公言した大統領候補に、黒人有権者は背を向けている。

 しかし、トンプソン氏は、性的傾向が黒人有権者からの支持が得られない理由だとするのは、「無意味だ」と主張する。

 「自身の性的傾向とは無関係の黒人への対応の仕方について、ブティジェッジ氏には前歴がある。誰と結婚しようが、そんなことはどうでもいい。全く関係のない話だから」

 ブティジェッジ氏の出馬は、2020年大統領選の民主党候補者選びの中でも大変なサプライズだった。今は、アイオワ州とニューハンプシャー州で支持率トップに立つ。両州は、白人が圧倒的に多く、来年2月初めには指名争いが始まる。

 一方、サウスカロライナ州では振るわない。・・・

(残り1579文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


アナリストはバノンを選挙キャンペーンに呼び戻すべきと主張

(2020年07月13日)

カナダ・メキシコとの貿易協定が発効、景気浮揚に期待

(2020年07月12日)

コロナ対応めぐり激戦州でトランプ氏に低評価

(2020年07月11日)

ブッシュ(子)政権の職員数百人がバイデン氏支持表明か

(2020年07月10日)

バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年07月09日)

民主党員の聞こえないふりの沈黙

(2020年07月08日)

タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
→その他のニュース