唯一のアフリカ系候補者となったコーリー・ブッカーの可能性

(2019年12月9日)

Photo by: Ron Harris / Cory Booker speaks Thursday, Nov. 21, 2019, in Atlanta. Booker, along with Pete Buttigieg, Amy Klobuchar, Andrew Yang and Tom Steyer, all presidential hopefuls, spoke at the breakfast event hosted by the Rev. Al Sharpton’s National Action Network. (AP Photo/ Ron Harris)


By David Sherfinski – The Washington Times – Wednesday, December 4, 2019

 ニュージャージー州選出のコリー・ブッカー上院議員は、多様な候補が出馬した民主党の大統領選指名争いからカリフォルニア州のカマラ・ハリス上院議員が撤退し、次の討論会にマイノリティー候補が登壇しない見通しであることに「少し怒っている」と述べた。

 「今、私は少し怒っていると言わざるを得ない。我々は当初、歴史上最も多様な候補者が出馬したことで、人々に誇りを与えていた」とブッカー氏は3日夜にMSMBCで語った。「そして、このレースで唯一のアフリカ系米国人の女性がもはやいなくなったことは、非常に恥ずべきことだ。多様性の乏しい6人の候補が参加する可能性がある次の討論会に向かって、悪循環に陥っている」。

 ブッカ―氏は、指名争いのプロセスは・・・

(残り365文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース