米軍は現代の「傭兵」なのか、同盟国の防衛で金を要求するトランプ氏

(2019年12月10日)


ビジネスマンであるトランプ米大統領は、米国の同盟国に対しても、損得勘定を最優先するアプローチを取っている。だが、米軍の海外駐留に対してもっとお金を払わせようとする取り組みは、大きな犠牲を伴っている。→続き


→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


郵便公社の法執行機関、米国民への監視は制御不能な状態になっている

(2021年05月16日)

バイデン大統領、中東欧諸国「ブカレスト9」首脳会議に参加

(2021年05月15日)

カマラ・ハリス副大統領、中南米からの移民問題は気候変動が原因

(2021年05月15日)

ペンス元副大統領、キャンセルカルチャーによる圧政を終わらせよう

(2021年05月14日)

共和有力議員、ケリー気候変動特使の利害の衝突を懸念

(2021年05月13日)

コロナ禍の米、自立から社会主義へ

(2021年05月12日)

リズ・チェイニー氏、共和党幹部の地位喪失か

(2021年05月12日)

バイデン外交、同盟国に安心感も課題は山積

(2021年05月09日)

対北政策、米朝共同声明をベースに-デトラニ氏、「戦略的忍耐」は失敗

(2021年05月07日)

就任100日、左傾化強めるバイデン政権

(2021年05月07日)
→その他のニュース