保守運動の戦略めぐり会合-国際民主連合

(2019年12月12日)

Conservative leader Stephen Harper speaks during a campaign rally in Newmarket, Ont., Sunday, Oct. 18, 2015. Harper, one of the longest-serving Western leaders, is seeking a rare fourth term in Monday’s election but polls show him narrowly trailing Liberal leader Justin Trudeau, the son of late Prime Minister Pierre Trudeau, one of Canada’s most charismatic politicians. (Jonathan Hayward/The Canadian Press via AP)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Wednesday, December 4, 2019

 中道右派の候補者、議員、選対本部長、選挙運動員らの国際的な連合組織が今週、会合を開催し、世界の保守運動のための戦略を話し合う。国際民主連合(IDU、議長=ハーパー・カナダ前首相)は、80以上の会員政党に選挙や統治を成功させる方法を教えることを目指している。

 ワシントンで開催された会合の招待客にIDUが配布した資料には「IDUのような国際的なネットワークフォーラムは他にない。議員、政党幹部、思想的指導者の連携を図り、選挙運動や統治の最善の方法を共有し、新しい民主主義の中で政党間の橋渡しをする」と記されている。IDUは1983年に、当時のブッシュ米大統領(父)、故サッチャー英首相、コール独首相らが設立した。

 共和党は会員であり、党の幹部らが個人としてスピーチする。・・・

(残り894文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース