進歩派は弾劾の内容に対して不満を持っている

(2019年12月14日)

Rep. Rashida Tlaib, D-Mich., questions CDC Principal Deputy Secretary Dr. Anne Schuchat as she speaks before a House Oversight subcommittee hearing on lung disease and e-cigarettes on Capitol Hill in Washington, Tuesday, Sept. 24, 2019. (AP Photo/Andrew Harnik)


By Gabriella Munoz – The Washington Times – Tuesday, December 10, 2019

 リベラル派を率い、以前から弾劾を主張してきたアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員は12月10日、トランプ大統領への弾劾条項は不十分だと訴えた。

 このようの考えは、進歩的なグループの間に行きわたり、リベラル活動家と極左議員らは、生ぬるいと苛立ちを強めている。

 オカシオコルテス氏は、10日に明らかにされた権力の乱用と議会妨害に関する二つの弾劾条項はとりあえず受け入れると述べた。

 「もちろん、もっと条項があっていいのではないかと感じている。司法妨害は絶対に入れるべきだと思う。条項に報酬が盛り込まれたことも支持する。党が決めたことであり、ここに来るまで長い時間がかかった。二つ盛り込めたのはよかった」

 これまでに、トランプ氏の弾劾条項を3回提出しているアル・グリーン下院議員(民主、テキサス州)も同様の考えを持っている。ワシントン・タイムズ紙に対し、最近の覚書で同僚らに同じような内容を伝えたと述べた。

 しかし、下院での表決の前に追加条項の提出を試みるかどうかについては触れず、「上院が有罪判決を出し、解任するかどうかを見せてもらう。有罪にしなかった場合は、まだすべきことがある」と述べた。

 人種差別非難に重点を置いた表決も試みられたものの、・・・

(残り1165文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース