キニピアック大学世論調査、有権者の過半数以上は弾劾に反対

(2019年12月16日)


10日に発表されたキニピアック大学の新たな世論調査によると、米国人の大多数は今やトランプ米大統領を弾劾によって解任にすることに反対している。これは、民主党が弾劾の正当性を主張するために開いた公聴会が失敗に終わったことを示している。

→ログイン(定期購読会員として)して続きを読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン大統領、パリ協定に復帰

(2021年02月25日)

民主、黒人への賠償法案に意欲

(2021年02月24日)

レストラン経営者、コロナ経済対策による賃金上昇を懸念

(2021年02月23日)

バイデン氏、グアンタナモ収容所閉鎖へ検討命じる

(2021年02月22日)

国防総省、対中タスクフォースは永続的なものとしては想定していない

(2021年02月21日)

「今は来るべき時ではない」ホワイトハウスが移民に呼び掛け

(2021年02月20日)

バイデン政権は中国の米大学浸透をどのように容認しているか

(2021年02月19日)

バイデン政権、中国の脅威に対抗するため国防総省に「タスクフォース」

(2021年02月18日)

バイデン氏の気候変動政策に警鐘、甚大な環境被害

(2021年02月17日)

再度の弾劾はやり過ぎ

(2021年02月16日)
→その他のニュース