キニピアック大学世論調査、有権者の過半数以上は弾劾に反対

(2019年12月16日)

Photo by: Andrew Harnik / House Speaker Nancy Pelosi of Calif., center, and Chairman of the House Judiciary Committee Jerrold Nadler, D-N.Y., left, listen as Adam Schiff, D-Calif., Chairman of the House Intelligence Committee, foreground, speaks during a news conference to unveil articles of impeachment against President Donald Trump, abuse of power and obstruction of Congress, Tuesday, Dec. 10, 2019, on Capitol Hill in Washington. (AP Photo/Andrew Harnik)


By Stephen Dinan – The Washington Times – Tuesday, December 10, 2019

 10日に発表されたキニピアック大学の新たな世論調査によると、米国人の大多数は今やトランプ米大統領を弾劾によって解任にすることに反対している。これは、民主党が弾劾の正当性を主張するために開いた公聴会が失敗に終わったことを示している。

 キニピアック大学によると、調査対象の登録有権者の51%が弾劾によって大統領が解任されることを望まないと回答した。民主党のナンシー・ペロシ下院議長が9月下旬に弾劾調査を発表して以来、この数字が50%を超えたのは初めてのことだ。

 一方、他の45%は、・・・

(残り344文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース