米議会、イラン反政府デモを支援

(2019年12月18日)

FILE – In this Nov. 27, 2019, file photo released by the official website of the office of the Iranian supreme leader, Supreme Leader Ayatollah Ali Khamenei waves to members of the Revolutionary Guard’s all-volunteer Basij force in a meeting in Tehran, Iran. Khamenei on Wednesday, Dec. 4, 2019, reportedly called on judicial officials to treat those detained in recent nationwide protests with “Islamic mercy” after authorities acknowledged security forces shot and killed demonstrators nationwide. A portrait of the late revolutionary founder Ayatollah Khomeini hangs in background. (Office of the Iranian Supreme Leader via AP, File)


By Lauren Meier – The Washington Times – Wednesday, December 11, 2019



 議員らは今週、イランの首都テヘランを揺さぶり、政府の暴力的な対応を非難するデモに明確な支持を表明する最初の法案を提出した。法案を共同提出したウィルソン下院議員(共和、サウスカロライナ州)は「この決議案で議会は強い、超党派のメッセージをイランの人々に送る。イラン国民の民主主義への希求を支援し、全力で現体制が犯した人権侵害の責任を取らせる」と述べた。

 抗議デモは、1979年のイラン革命以降で最大規模、イラン政府が、補助金で価格を低く抑えてきた燃料を300%値上げすると発表した11月15日に発生した。デモは瞬く間に全土に拡大し、大規模な反体制運動へと発展した。政府はデモを収束させるために、インターネットと都市間の通信を遮断した。法案を共同提出したドイチ下院議員(民主、フロリダ州)は、「イラン政府による自国民に対するひどい人権侵害はよく知られている。インターネットを検閲し、信教の自由、政治参加を制限し、ジャーナリストを投獄し、反体制派を拷問している」と述べた。

 アムネスティ・インターナショナルによると、・・・

(残り784文字)

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース