北朝鮮から亡命した高官はトランプ大統領にクーデターを推奨

(2019年12月19日)

President Donald Trump meets with North Korean leader Kim Jong Un at the North Korean side of the border at the village of Panmunjom in Demilitarized Zone in June 30, 2019. (AP file Photo/Susan Walsh, File)


By Guy Taylor – The Washington Times – Wednesday, December 11, 2019

 脱北した金正恩政権の元高官がトランプ大統領に書簡を送り、金氏に「だまされている」と警告した。金氏は非核化するつもりなどなく、米政府は、北朝鮮の政権エリートらに働きかけて、体制を内部から崩壊させることを目指して「心理戦」を強化すべきだと訴えている。

 書簡はさらに、米国が北朝鮮に「全面的制裁」を科し、核施設に対する「先制攻撃」の準備をするよう求めている。ワシントン・タイムズはこの書簡を入手した。

 トランプ大統領は金正恩朝鮮労働党委員長にトップ外交を持ちかけているものの、北朝鮮はこの数カ月間、挑発的な軍事行動や言葉を繰り返し、十数回に及ぶ弾道ミサイルの発射を行った。一方でホワイトハウスは、交渉に新たな弾みを付けようと躍起だ。

 書簡はトランプ氏に対して、「金正恩が権力を握っている限り、北朝鮮の非核化は永遠に不可能だ。核兵器を、生き残りをかけた最後の手段だと考えているからだ。大統領は、ミサイルの発射、核実験をやめさせなければならないが、交渉の背後で、核の脅威は依然、高まっており、金正恩は大統領との関係をうまく利用しようとしている」と語りかけている。

 その上で「北朝鮮問題を解決する最も効果的な方法は、心理戦を仕掛けることだ。心理戦は、核爆弾と同じ力を持っている。北朝鮮の人々に自力で問題を解決させる理想的な方法でもある」と主張している。

 ホワイトハウスは、・・・

(残り2449文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース