弾劾は民主の「大変な誤算」-トランプ陣営幹部

(2019年12月20日)

Brad Parscale campaign manager for Trump’s 2020 reelection campaign speaks during the California GOP fall convention on Saturday, Sept. 7, 2019, in Indian Wells, Calif. (AP Photo/Chris Carlson)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, December 12, 2019

 弾劾によって、有権者や献金者のトランプ大統領支持は強まり、民主党はしっぺ返しを受けることになり、一方でトランプ陣営の活動は、17の激戦州にまで拡大している。陣営の職員らが12日、こう語った。

 トランプ陣営の責任者ブラッド・パースケール氏は記者団に対し、「民主党は火を付けた。あと300日あまりを残し、こちらとしては確かに仕事がしやすくなる。弾劾で支持基盤に火が付いた。弾劾手続きが始まって以降、集会への参加者は増えた。(民主党は)大誤算をしたのだと思う」と訴えた。

 陣営職員らによると、弾劾によって、トランプ陣営のボランティアが増え、献金も増加したが、それだけでなく、激戦州の無党派有権者にも影響を及ぼしている。弾劾調査ではなく選挙で次の大統領を決めたいと思っている人々だ。

 陣営幹部は、・・・

(残り2421文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース