弾劾は民主の「大変な誤算」-トランプ陣営幹部

(2019年12月20日)

Brad Parscale campaign manager for Trump’s 2020 reelection campaign speaks during the California GOP fall convention on Saturday, Sept. 7, 2019, in Indian Wells, Calif. (AP Photo/Chris Carlson)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, December 12, 2019

 弾劾によって、有権者や献金者のトランプ大統領支持は強まり、民主党はしっぺ返しを受けることになり、一方でトランプ陣営の活動は、17の激戦州にまで拡大している。陣営の職員らが12日、こう語った。

 トランプ陣営の責任者ブラッド・パースケール氏は記者団に対し、「民主党は火を付けた。あと300日あまりを残し、こちらとしては確かに仕事がしやすくなる。弾劾で支持基盤に火が付いた。弾劾手続きが始まって以降、集会への参加者は増えた。(民主党は)大誤算をしたのだと思う」と訴えた。

 陣営職員らによると、弾劾によって、トランプ陣営のボランティアが増え、献金も増加したが、それだけでなく、激戦州の無党派有権者にも影響を及ぼしている。弾劾調査ではなく選挙で次の大統領を決めたいと思っている人々だ。

 陣営幹部は、・・・

(残り2421文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース