米中、第1段階の貿易合意を発表

(2019年12月21日)


 米中は、難航する貿易交渉で、追加関税を見送り、中国に豚肉、大豆などの農産物の輸入を増加させる「第1段階」で合意したことを受けて、新ラウンドを開始する。

 議会タカ派は、トランプ大統領の勝利宣言をあざ笑い、週末に課せられることになっていた1600億ドル分の関税を見送ったことで、中国をねじ伏せることは困難になったと主張。また、中国に構造改革を約束させるべきだったと訴えた。中国は、企業に大規模な補助金を与え、米企業に知的財産を移転させている。

 トランプ氏は、反対の声を退けたうえで、具体的な勝利を確保し、中国に交渉のテーブルに付き続けさせる十分な関税は残したと主張した。トランプ氏は、再選を待つことなく、すぐに次の段階の交渉に入ることを望んでいる。

 「中国は関税の撤廃を望んでいる。それに問題はない。しかし、・・・ (残り1756文字)

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏の見せ掛けの「防犯計画」

(2021年06月30日)

G7が初めて台湾への支持を表明

(2021年06月28日)

デサンティス米フロリダ州知事は共和党の「ロックスター」

(2021年06月27日)

バイデン政権の海軍予算削減に議会が反発

(2021年06月26日)

「目をさませ!」:イスラエル新首相、バイデン大統領の対イラン核交渉を叱責する

(2021年06月26日)

イラン原発が原因不明の緊急停止

(2021年06月25日)

中国の台頭が米ロ首脳会談に影響

(2021年06月25日)

米国会計検査院、バイデン政権による国境の壁建設停止措置を合法と判断

(2021年06月24日)

バイデン・ハリスの移民政策の失態

(2021年06月23日)

五輪初のトランスジェンダー選手出場、「公正な競争奪う」/女性人権団体が激しく反発

(2021年06月23日)
→その他のニュース