米中、第1段階の貿易合意を発表

(2019年12月21日)

Photo by: Susan Walsh / In this June 29, 2019, file photo, U.S. President Donald Trump poses for a photo with Chinese President Xi Jinping during a meeting on the sidelines of the G-20 summit in Osaka, Japan. (AP Photo/Susan Walsh, File)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Friday, December 13, 2019

 米中は、難航する貿易交渉で、追加関税を見送り、中国に豚肉、大豆などの農産物の輸入を増加させる「第1段階」で合意したことを受けて、新ラウンドを開始する。

 議会タカ派は、トランプ大統領の勝利宣言をあざ笑い、週末に課せられることになっていた1600億ドル分の関税を見送ったことで、中国をねじ伏せることは困難になったと主張。また、中国に構造改革を約束させるべきだったと訴えた。中国は、企業に大規模な補助金を与え、米企業に知的財産を移転させている。

 トランプ氏は、反対の声を退けたうえで、具体的な勝利を確保し、中国に交渉のテーブルに付き続けさせる十分な関税は残したと主張した。トランプ氏は、再選を待つことなく、すぐに次の段階の交渉に入ることを望んでいる。

 「中国は関税の撤廃を望んでいる。それに問題はない。しかし、・・・

(残り1756文字)

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース