リンゼー・グラム上院議員、弾劾はトランプ大統領の中東政策を強固なものにする

(2019年12月22日)

Photo by: J. Scott Applewhite / Senate Judiciary Committee Chairman Lindsey Graham, R-S.C., denounces a report by the Justice Department’s internal watchdog that concluded the FBI was justified in opening its investigation into ties between the Trump presidential campaign and Russia and did not act with political bias, on Capitol Hill in Washington, Monday, Dec. 9, 2019. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By Tim Constantine – The Washington Times – Sunday, December 15, 2019

 米首都ワシントンからカタールのドーハまで9600マイルを移動した後、上院司法委員会委員長のリンゼー・グラム議員は、外国の指導者が弾劾に対するトランプ大統領の毅然とした態度に感銘を受けていると知った。

 弾劾が世界に与える影響について尋ねられたグラム議員は、いずれ失敗することが予想される弾劾への取り組みは、最終的には中東におけるトランプ氏の地位を高めるだろうと述べた。

 「大統領は政治的により強くなるだろう。この地域の人々は、誰かが銃を撃って当たらなければ、その相手はより強くなるという感覚を持っていると思う」とグラム氏はワシントン・タイムズ紙に語った。「中東の人の観点からすると、トランプ氏は最高のパンチを食らったが、それでもまだ立っているということだ」。

 下院民主党は今週、トランプ氏に対する弾劾訴追を可決させる見通し。その後、共和党が多数派を占める上院で弾劾裁判が実施されるが、最終的に無罪に終わるとみられる。

 サウスカロライナ州選出で共和党のグラム議員は、・・・

(残り1161文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース