リンゼー・グラム上院議員、弾劾はトランプ大統領の中東政策を強固なものにする

(2019年12月22日)

Photo by: J. Scott Applewhite / Senate Judiciary Committee Chairman Lindsey Graham, R-S.C., denounces a report by the Justice Department’s internal watchdog that concluded the FBI was justified in opening its investigation into ties between the Trump presidential campaign and Russia and did not act with political bias, on Capitol Hill in Washington, Monday, Dec. 9, 2019. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


By Tim Constantine – The Washington Times – Sunday, December 15, 2019

 米首都ワシントンからカタールのドーハまで9600マイルを移動した後、上院司法委員会委員長のリンゼー・グラム議員は、外国の指導者が弾劾に対するトランプ大統領の毅然とした態度に感銘を受けていると知った。

 弾劾が世界に与える影響について尋ねられたグラム議員は、いずれ失敗することが予想される弾劾への取り組みは、最終的には中東におけるトランプ氏の地位を高めるだろうと述べた。

 「大統領は政治的により強くなるだろう。この地域の人々は、誰かが銃を撃って当たらなければ、その相手はより強くなるという感覚を持っていると思う」とグラム氏はワシントン・タイムズ紙に語った。「中東の人の観点からすると、トランプ氏は最高のパンチを食らったが、それでもまだ立っているということだ」。

 下院民主党は今週、トランプ氏に対する弾劾訴追を可決させる見通し。その後、共和党が多数派を占める上院で弾劾裁判が実施されるが、最終的に無罪に終わるとみられる。

 サウスカロライナ州選出で共和党のグラム議員は、・・・

(残り1161文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース