トランプ陣営、穏健民主党員取り込みへ新組織

(2019年12月23日)

Photo by: Paul Sancya / President Donald Trump waves at a campaign rally in Battle Creek, Mich., Wednesday, Dec. 18, 2019. (AP Photo/Paul Sancya)


By Dave Boyer – The Washington Times – Thursday, December 19, 2019

 トランプ陣営は19日、再選に向けて支援団体「トランプのための民主党員」を立ち上げた。「魔女狩り、偽りの弾劾、過激な大きな政府・社会主義政策を支持しない」民主党員らを取り込むための取り組みだ。

 これは、トランプ陣営に民主党員を引き付けるための試みであり、「すべての米国人のためにトランプ大統領が達成した数多くの勝利をアピールする」とうたっている。

 ニューメキシコ州コビラ郡の保安官、トニー・メースさんは「トランプ大統領は、現在の党派的な戦術によって捨てられたと感じている民主党員らを擁護している。沿岸のエリート主義者と過激な左派が民主党を占拠している。ペロシ下院議長の弾劾という茶番を受けて、私たちは立ち上がった」と語った。

 最新のギャラップ調査では、・・・

(残り452文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


アナリストはバノンを選挙キャンペーンに呼び戻すべきと主張

(2020年07月13日)

カナダ・メキシコとの貿易協定が発効、景気浮揚に期待

(2020年07月12日)

コロナ対応めぐり激戦州でトランプ氏に低評価

(2020年07月11日)

ブッシュ(子)政権の職員数百人がバイデン氏支持表明か

(2020年07月10日)

バイデン氏、記念碑破壊者らの主張認め、現地当局を非難

(2020年07月09日)

民主党員の聞こえないふりの沈黙

(2020年07月08日)

タリバンはアルカイダと協力している-国防総省が警告

(2020年07月07日)

警察予算の削減は警官募集に悪影響及ぼす恐れ

(2020年07月06日)

オブライエン国家安全保障担当補佐官「直近数十年の対中政策は1930年以来の失敗」

(2020年07月04日)

トランプ氏、記念碑破壊を非難、暴動の責任は民主党にある

(2020年07月03日)
→その他のニュース