トランプ、接戦州で民主党候補者に対し接戦または優位

(2019年12月25日)

President Donald Trump acknowledges the applause during a summit on transforming mental health treatment to combat homelessness, violence, and substance abuse, at the he Eisenhower Executive Office Building on the White House complex, Thursday, Dec. 19, 2019, in Washington. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


By David Sherfinski – The Washington Times – Friday, December 20, 2019

 20日に発表された世論調査によると、トランプ米大統領は、2020年大統領選の結果を決定する可能性が高い接戦州で、民主党有力候補たちと接戦または優位に立っている。

 CNNの調査によると、ジョセフ・バイデン前副大統領は、2016年大統領選において8ポイント差以内で決着した15州を含む激戦州全体で最高の成績を収めた。バイデン氏とトランプ氏は、それぞれ47%で拮抗した。

 しかし、トランプ氏はマサチューセッツ州選出のエリザベス上院議員には48%対46%で2ポイント、バーモント州選出のバーナード・サンダース上院議員には49%対45%で4ポイント、そしてインディアナ州サウスベンドのピート・ブディジャッジ市長を48%対43%で5ポイント上回った。

 全国レベルでは、・・・

(残り401文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース