ロシア艦、米スペースXの情報収集か

(2019年12月26日)

Photo by: Desmond Boylan / Russian warship Viktor Leonov enters the bay in Havana, Cuba, Tuesday, March 24, 2015. The Russian warship, one of the fleet’s Vishnya-class ships generally used for intelligence gathering, was docked in the harbor Tuesday, coinciding with a visit to Cuba by Russia’s Foreign Minister Sergei Lavrov. (AP Photo/Desmond Boylan)


By Bill Gertz – The Washington Times – Wednesday, December 18, 2019

 ロシアの情報収集艦が米東海岸沖で不規則な行動を取っていることが報じられたが、今回の米接近は、16日にフロリダ州で行われた宇宙企業スペースXの商業通信衛星打ち上げに合わせたものである可能性がある。

 ワシントン・タイムズなどが16日に報じたように、沿岸警備隊は15日、ロシアの情報収集艦「ビクトル・レオノフ」がジョージア州とサウスカロライナ州沖で「危険な」行動を取っていると警報を発令した。警報は、レオノフが、悪天候の中、照明を点灯せず、「不規則な動き」をしているとの通報を受けて出された。沿岸警備隊は、レオノフ付近の海域の全船舶に警戒を呼び掛けた。

 沿岸警備隊の下士官、チャーリー・ヘンゲン氏はワシントン・タイムズに、警報はフロリダ州ジャクソンビル、ジョージア州サバンナ付近の船舶にも出されたと述べた。

 チャールストンとサバンナの警報は既に取り下げられているが、・・・

(残り922文字)

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース