政府閉鎖を回避しつつも、政府予算は巨大化する一方に

(2019年12月27日)

Photo by: Andrew Harnik / President Donald Trump applauds after signing the National Defense Authorization Act for Fiscal Year 2020 at Andrews Air Force Base, Md., Friday, Dec. 20, 2019, before traveling to Mar-a-lago in Palm Beach, Fla. (AP Photo/Andrew Harnik)


By Dave Boyer – The Washington Times – Friday, December 20, 2019

 トランプ大統領は20日夜、1兆4000億ドルの予算案に署名した。これで、政府機関の閉鎖は回避され、9月まで全政府機関に予算が供給され、ほとんどの連邦職員は最大12週間の有給家族休暇を取得でき、13億7500万ドルを国境の壁建設に充てることが可能になる。

 トランプ氏はフロリダ州に向かう大統領専用機エアフォースワンの機上で午後10時ごろ2本の予算案に署名した。フロリダの別荘マールアラーゴで休暇を過ごす予定だ。予算案が署名されなければ、2時間後の午前零時で政府機関の閉鎖が開始されていた。  トランプ氏は声明で、「総合的にみて、この予算で、軍への資金、国民の発展と健康、国境の安全、刑事司法改革、生活防衛など、この1年の優先的要求項目は満たされた」と述べた。

 トランプ氏の法案署名と議会での合意によって、・・・

(残り1324文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース