クリスチャニティ・トゥデイの批判を受けて、福音派のためのトランプキャンペーンを開始

(2019年12月28日)

President Donald Trump speaks during a meeting with Rep. Jeff Van Drew, D-N.J., who is planning to switch his party affiliation, in the Oval Office of the White House, Thursday, Dec. 19, 2019, in Washington. (AP Photo/ Evan Vucci)


By Andrew Blake – The Washington Times – Saturday, December 21, 2019

 トランプ米大統領の選対本部は、同氏が20日に有力なキリスト教福音派の有力誌を非難した後、「トランプのための福音派連合」の創設を発表した。

 選対本部は電子メールで、フロリダ州マイアミで来年1月3日に開かれるイベントで、トランプ氏が「トランプのための福音派」グループを発足させると述べた。

 この声明は「このイベントは、トランプ大統領の再選を支持する全国の福音派を集結させるだろう」とした。

 このメールは、故ビリー・グラハム牧師によって設立された有力な福音主義雑誌である「クリスチャ二ティー・トゥデイ」の編集長が19日の記事でトランプ氏の退任を求めたことをきっかけにほぼ丸一日続いた争いの締めくくりとなった。

 今週、マーク・ガリは社説で、・・・

(残り501文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)

NATO事務総長、バイデンを「温かく迎え入れる」

(2020年11月12日)
→その他のニュース