中国の北極圏進出を警戒、米軍は新たに砕氷船を建造へ

(2020年1月4日)

Photo by: Devin Powell / This summer 2018 file photo provided by the National Oceanic and Atmospheric Administration shows the U.S. Coast Guard Icebreaker Healy on a research cruise in the Chukchi Sea of the Arctic Ocean. (Devin Powell/NOAA via AP, File)


By Mike Glenn – The Washington Times – Thursday, December 26, 2019

 中国が北極海進出へ意欲を示していることに米当局者らは、米国の安全保障にとって大きな脅威だと警戒感をあらわにしている。議会と国防総省も北極戦略の見直しと、海域で航行可能な新型艦の建造を急いでおり、北極海が米中の新たな火種となっている。

 20日に成立した総額7380億ドル(約80兆8000億円)の国防権限法は、すべての「北極海での中国軍の活動と北極海への中国の直接投資」に対する包括的な調査を開始するよう連邦政府に求めた。

 トランプ政権は、北極圏国家ではない中国が、・・・

(残り522文字)

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース