米大統領選で自分のアピールに躍起になるオバマ、クリントン両氏

(2020年1月6日)

Former U.S. President Barack Obama gesture as he attends the “values-based leadership” during a plenary session of the Gathering of Rising Leaders in the Asia Pacific, organized by the Obama Foundation in Kuala Lumpur, Malaysia, Friday, Dec. 13, 2019. (AP Photo/Vincent Thian)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Friday, January 3, 2020

 2020年米大統領選は予備選シーズンが始まろうとしているが、民主党の大統領候補たちは過去の大統領選の亡霊に取りつかれる恐れがある。

 注目を奪い合うとみられているのが、バラク・オバマ前大統領と2016年の民主党大統領候補ヒラリー・クリントン氏だ。両氏は、本を宣伝する全米ツアーを始めている。

 娘のチェルシーさんとの共著で「勇敢な女性たちの本」を出版したクリントン氏が宣伝ツアーで語ったコメントは、すでに民主党候補争いの序盤戦の議論に大きな影響を与えている。オバマ氏が出版する自叙伝も今年、同じように民主党候補たちのメッセージを支配してしまう効果をもたらすと予想されている。

 クリントン氏とオバマ氏は事実上、・・・

(残り1102文字)

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース