米大統領選で自分のアピールに躍起になるオバマ、クリントン両氏

(2020年1月6日)

Former U.S. President Barack Obama gesture as he attends the “values-based leadership” during a plenary session of the Gathering of Rising Leaders in the Asia Pacific, organized by the Obama Foundation in Kuala Lumpur, Malaysia, Friday, Dec. 13, 2019. (AP Photo/Vincent Thian)


By Ryan Lovelace – The Washington Times – Friday, January 3, 2020

 2020年米大統領選は予備選シーズンが始まろうとしているが、民主党の大統領候補たちは過去の大統領選の亡霊に取りつかれる恐れがある。

 注目を奪い合うとみられているのが、バラク・オバマ前大統領と2016年の民主党大統領候補ヒラリー・クリントン氏だ。両氏は、本を宣伝する全米ツアーを始めている。

 娘のチェルシーさんとの共著で「勇敢な女性たちの本」を出版したクリントン氏が宣伝ツアーで語ったコメントは、すでに民主党候補争いの序盤戦の議論に大きな影響を与えている。オバマ氏が出版する自叙伝も今年、同じように民主党候補たちのメッセージを支配してしまう効果をもたらすと予想されている。

 クリントン氏とオバマ氏は事実上、・・・

(残り1102文字)

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース