宗教施設での銃撃死亡事件が2500%増加

(2020年1月8日)

Photo by: Tom Fox / Stephen Willeford, who confronted and exchanged gunfire with the Sutherland Springs church shooter in 2017, joined church and community members outside West Freeway Church of Christ for a candlelight vigil Monday in White Settlement, Texas. A gunman shot and killed two people before an armed security officer returned fire, killing him during a service at the church on Sunday. (Associated Press/File)


By Jeff Mordock – The Washington Times – Tuesday, December 31, 2019

 1999年以降、宗教施設に対する死者を伴う攻撃が2500%増加、宗教指導者らは、聖域を汚すことなく守る道を模索している。

 キリスト教会の警備コンサルタントらは、暴力の増加には複数の要因があると指摘する。銃撃事件、宗教を標的とした憎悪犯罪が増加し、対立が宗教施設にまで及び、世俗主義が拡大している、これらすべてが原因だという。

 教会の警備員の訓練を行っている「ウオッチマンズ・アカデミー」のスティーブ・パディン所長は、「一世代前ほど宗教施設に敬意が払われていない。社会の世俗化が、これらの攻撃と関係があると言っていいと思っている」と述べた。このような傾向は今後も続くとみられている。パディン氏は「出口は見えない」と述べた。

 教会、シナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)、モスク(イスラム教礼拝所)が攻撃されるたびに、警備の強化の必要性が叫ばれる。先週、2度の大変な事件が起きた際も同様のことが起きた。昨年12月28日、ユダヤ教の祭りハヌカの祝いが行われていたニューヨークのラビ(ユダヤ教指導者)の自宅で、5人が刺される事件が起きた。翌日には、テキサス州の教会で1人の男に銃撃されて2人が死亡した。

 宗教施設への攻撃を監視している警備コンサルタントのカール・チン氏がまとめた最新のデータによると、・・・

(残り723文字)

Trump Central Review【定期購読】


米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)

「選挙後」の扇動は、無政府状態を助長する

(2020年11月14日)

2016年と同じ過ちを繰り返した主要世論調査機関に共和党が激怒

(2020年11月13日)
→その他のニュース