勢力を弱める全米ライフル協会、2020年選挙は岐路に

(2020年1月10日)

In this Friday, April 26, 2019, photo, National Rifle Association Executive Vice President Wayne LaPierre speaks at the National Rifle Association Institute for Legislative Action Leadership Forum in Lucas Oil Stadium in Indianapolis. (AP Photo/Michael Conroy)


By David Sherfinski – The Washington Times – Sunday, January 5, 2020

 全米ライフル協会(NRA)は、内紛と法廷闘争の中で会長とロビイストを解雇、共和党の政治家らの間で、今後も大きな影響力を維持するのか、選挙ではすでに役に立たなくなってしまったのか、評価が二分している。

 銃ロビー団体のNRAがトランプ大統領を支持した大統領選からわずか4年、NRAをめぐる混乱は驚きを持って受け止められている。

 NRAは、今年の選挙でも従来通り、重要な役割を果たすと表明している。それには特に、民主党大統領候補らの銃規制政策に銃所持の権利擁護者が反発を強めていることがある。

 しかし、トランプ氏や似た考えを持つ候補者らが、2016年の選挙と同程度の資金的、組織的支援が得られるかははっきりしない。

 NRA指導部に異議を唱えていた元NRAロビイストのリチャード・フェルドマン氏は・・・

(残り2197文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


海外指導者が米ソーシャルメディアの言論封じ込めを憂慮

(2021年01月23日)

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

(2021年01月22日)

保守派著名ブログ、ドミニオン不正に関するでたらめ記事掲載を謝罪

(2021年01月21日)

保守派グループ、ビッグテック分割の再考を共和党下院議員に要求

(2021年01月20日)

オースティン氏の国防長官指名で、例外求める法案提出

(2021年01月19日)

次期大統領首席補佐官:弾劾が長引かないことを望む

(2021年01月18日)

新型コロナが変えた米軍の新兵募集

(2021年01月16日)

マンチン上院議員、ワシントンとプエルトリコを州にすることについて「検討する」

(2021年01月15日)

ポンペオ国務長官、台湾との接触ですべての制限を撤廃

(2021年01月14日)

ドミニオン社、パウエル弁護士を名誉棄損で提訴

(2021年01月13日)
→その他のニュース