勢力を弱める全米ライフル協会、2020年選挙は岐路に

(2020年1月10日)

In this Friday, April 26, 2019, photo, National Rifle Association Executive Vice President Wayne LaPierre speaks at the National Rifle Association Institute for Legislative Action Leadership Forum in Lucas Oil Stadium in Indianapolis. (AP Photo/Michael Conroy)


By David Sherfinski – The Washington Times – Sunday, January 5, 2020

 全米ライフル協会(NRA)は、内紛と法廷闘争の中で会長とロビイストを解雇、共和党の政治家らの間で、今後も大きな影響力を維持するのか、選挙ではすでに役に立たなくなってしまったのか、評価が二分している。

 銃ロビー団体のNRAがトランプ大統領を支持した大統領選からわずか4年、NRAをめぐる混乱は驚きを持って受け止められている。

 NRAは、今年の選挙でも従来通り、重要な役割を果たすと表明している。それには特に、民主党大統領候補らの銃規制政策に銃所持の権利擁護者が反発を強めていることがある。

 しかし、トランプ氏や似た考えを持つ候補者らが、2016年の選挙と同程度の資金的、組織的支援が得られるかははっきりしない。

 NRA指導部に異議を唱えていた元NRAロビイストのリチャード・フェルドマン氏は・・・

(残り2197文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン、トランプ政権のコロナウイルス対策が遅すぎると批判

(2020年03月28日)

トランプ氏攻撃に向けられる「民主の裏金」

(2020年03月27日)

ペンス氏の新型コロナ対応をメディアが高評価

(2020年03月26日)

不正を働く議員は排除せよ

(2020年03月25日)

米政権、新START交渉で中国に圧力

(2020年03月24日)

トランプ大統領のコロナウイルス対策の支持率が10%アップ

(2020年03月23日)

カンザス州共和党上院予備選挙激化、クラブ・フォー・グロースが広告を全面展開へ

(2020年03月22日)

米コロナ拡大、医薬品の対中依存に警鐘

(2020年03月21日)

米軍、極超音速兵器の試射に成功

(2020年03月21日)

バイデン氏、国民皆保険法案は拒否

(2020年03月20日)
→その他のニュース