勢力を弱める全米ライフル協会、2020年選挙は岐路に

(2020年1月10日)

In this Friday, April 26, 2019, photo, National Rifle Association Executive Vice President Wayne LaPierre speaks at the National Rifle Association Institute for Legislative Action Leadership Forum in Lucas Oil Stadium in Indianapolis. (AP Photo/Michael Conroy)


By David Sherfinski – The Washington Times – Sunday, January 5, 2020

 全米ライフル協会(NRA)は、内紛と法廷闘争の中で会長とロビイストを解雇、共和党の政治家らの間で、今後も大きな影響力を維持するのか、選挙ではすでに役に立たなくなってしまったのか、評価が二分している。

 銃ロビー団体のNRAがトランプ大統領を支持した大統領選からわずか4年、NRAをめぐる混乱は驚きを持って受け止められている。

 NRAは、今年の選挙でも従来通り、重要な役割を果たすと表明している。それには特に、民主党大統領候補らの銃規制政策に銃所持の権利擁護者が反発を強めていることがある。

 しかし、トランプ氏や似た考えを持つ候補者らが、2016年の選挙と同程度の資金的、組織的支援が得られるかははっきりしない。

 NRA指導部に異議を唱えていた元NRAロビイストのリチャード・フェルドマン氏は・・・

(残り2197文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)
→その他のニュース