2020年下院選、注目の10激戦区

(2020年1月13日)

Photo by: Andrew Harnik / House Speaker Nancy Pelosi’s Democrats are playing both offense and defense after the 2018 blue wave that delivered them a House majority. (Associated Press)


By Gabriella Munoz – The Washington Times – Sunday, January 5, 2020

 2020年の下院の多数派をめぐる戦いは、ごく一部の激戦区にかかっていている。共和党は、民主党のペロシ下院議長から議長のポストを奪うために事実上、19議席に照準を合わせている。

 共和党は55の激戦区に集中、その中でも、トランプ大統領が2016年の大統領選で勝利した選挙区の31議席を重視している。

 一方のペロシ氏は、守りと攻撃の両面作戦を進めている。2018年に民主党が下院の多数派を獲得した「青い波」を拡大し、反トランプの傾向が強いと思われる都市部郊外の共和党の地盤を切り崩すことを目指している。

 クック・ポリティカル・リポートによると、少なくとも23の選挙区で接戦が予想され、そのうちの18選挙区は民主党、5選挙区は共和党が占めている。

 さらに共和党の3議員が引退することになっており、どの選挙区も民主党の地盤だ。ウィル・ハード(テキサス州)、ジョージ・ホールディング(ノースカロライナ州)、マーク・ウォーカー(ノースカロライナ州)議員が引退する。

 分析では今のところ、共和党が下院を奪還する可能性はほぼない。しかし、11月3日の選挙まで11カ月あり予断を許さない。以下に、今後、注視すべき10の重要選挙区を挙げる。

ミネソタ州第7選挙区
 ミネソタ州最大の選挙区、第7選挙区選出議員は現在、・・・

(残り2050文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)
→その他のニュース