トランプ氏、中国との残りの交渉は大統領選の後で

(2020年1月14日)

Photo by: Susan Walsh / In this June 29, 2019, file photo, President Donald Trump, left, meets with Chinese President Xi Jinping during a meeting on the sidelines of the G-20 summit in Osaka, Japan. President Trump on Jan. 9, 2020, suggested that the balance of a far-reaching trade deal with China might be put off until after the 2020 election. (AP Photo/Susan Walsh, File)


By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Thursday, January 9, 2020

 トランプ大統領は9日、中国との貿易交渉第2弾は、大統領選後まで行わない可能性を示唆、そのほうが「ずっといい合意」ができるだろうと述べた。

 トランプ氏はホワイトハウスで、第2弾には時間がかかるかもしれないと指摘するとともに、15日にホワイトハウスで中国高官らと第一弾の調印式を行うことを強調した。

 中国は9日、交渉責任者の劉鶴副首相を13日から15日、ワシントンに派遣することを確認した。

 第1弾では、・・・

(残り292文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


中国が台湾を支援する米国軍需関連企業に制裁

(2020年10月30日)

政治的検閲に直面して

(2020年10月29日)

NATO事務総長、早期のアフガン撤収を否定

(2020年10月27日)

バイデン氏の富裕層への増税は中産階級に打撃

(2020年10月26日)

トランプ陣営の明るい材料は新規有権者登録

(2020年10月25日)

中国は国家安全保障の主要な脅威、共和党が法案提出

(2020年10月24日)

バイデンは米経済を弱体化させる可能性あり

(2020年10月23日)

米共和党、上院で過半数割れの恐れ

(2020年10月22日)

バイデン息子のメールが示す「中国大富豪からの巨額の資金供与要求」

(2020年10月21日)

ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)
→その他のニュース