トランプ政権、学校での「祈り」を守る取り組みを提起

(2020年1月20日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump speaks during an event on prayer in public schools, in the Oval Office of the White House, Thursday, Jan. 16, 2020, in Washington. (AP Photo/ Evan Vucci)


By Dave Boyer and Christopher Vondracek – The Washington Times – Thursday, January 16, 2020

 トランプ米大統領は16日、公立学校の生徒が憲法に基づき祈りを行うことができることを保障するする新たな規則を発表し、これを「祈る権利」と呼んだ。

 「政府は決して国民と神の間に立つべきではない」とトランプ氏は、信仰を持つ全国の生徒たちが集った大統領執務室での会合で語った。

 トランプ氏は、宗教に関して左傾化が進み「全体主義的傾向が強まっている」と警告。学校での祈りを妨げることは「まったく受け入れられない」と述べた。

 トランプ氏は、「全米宗教の自由の日」に行動を起こし、学校の祈りに関する連邦ガイダンスの更新を発表した。これは連邦法で2年ごとに義務付けられているが、2003年以来行われていなかった。

 ガイダンスは、・・・

(残り1656文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


ツイッターがNYポストの記事をブロック トランプ氏、バイデン氏支援と非難

(2020年10月20日)

無人機、ロケットの登場で近代戦での居場所を失う戦車

(2020年10月19日)

バー司法長官、ダーラム報告の完成は大統領選後

(2020年10月18日)

プーチン氏、新START延長に前向きなバイデン氏支持か

(2020年10月17日)

ポンペオ氏が訪日、「アジア版NATO」にハードル

(2020年10月16日)

ハリスは「無謀社会」への道を開く

(2020年10月15日)

大統領選と抗議活動で存在感高めるアンティファ

(2020年10月14日)

大統領補佐官、小規模のコロナ救済策を支持

(2020年10月13日)

中国は世界的な権力闘争における賄賂と経済的恐喝のキャンペーンを強化

(2020年10月12日)

上院外交委幹部がナワリヌイ毒殺未遂への捜査要求

(2020年10月11日)
→その他のニュース