トランプ政権、学校での「祈り」を守る取り組みを提起

(2020年1月20日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump speaks during an event on prayer in public schools, in the Oval Office of the White House, Thursday, Jan. 16, 2020, in Washington. (AP Photo/ Evan Vucci)


By Dave Boyer and Christopher Vondracek – The Washington Times – Thursday, January 16, 2020

 トランプ米大統領は16日、公立学校の生徒が憲法に基づき祈りを行うことができることを保障するする新たな規則を発表し、これを「祈る権利」と呼んだ。

 「政府は決して国民と神の間に立つべきではない」とトランプ氏は、信仰を持つ全国の生徒たちが集った大統領執務室での会合で語った。

 トランプ氏は、宗教に関して左傾化が進み「全体主義的傾向が強まっている」と警告。学校での祈りを妨げることは「まったく受け入れられない」と述べた。

 トランプ氏は、「全米宗教の自由の日」に行動を起こし、学校の祈りに関する連邦ガイダンスの更新を発表した。これは連邦法で2年ごとに義務付けられているが、2003年以来行われていなかった。

 ガイダンスは、・・・

(残り1656文字)

▼この記事の内容が収録

Trump Central Review【定期購読】


順調な経済再開、悲観的な予測は的中せず

(2020年05月30日)

ポンペオ氏、世界が中国の脅威に目覚め始めている

(2020年05月29日)

中国はイランのベネズエラからの金密輸を支援している、米が非難

(2020年05月28日)

米上院、バイデン氏息子の疑惑調査で召喚状認める

(2020年05月27日)

公文書は外国情報監視法に関するトランプ大統領の主張を裏付けている

(2020年05月26日)

大統領顧問、景気回復時期めぐりFRB議長と相違

(2020年05月25日)

純米国製のトランプ版F35は可能-米退役中将

(2020年05月23日)

テロ増加で揺らぐアフガン和平構想

(2020年05月22日)

国防総省は中露に対抗する北極戦略がないと批判

(2020年05月21日)

バイデン氏の対中国政策

(2020年05月20日)
→その他のニュース