「最大限の圧力」が有効

(2020年1月21日)

Photo by: Evan Vucci / President Donald Trump addresses the nation from the White House on the ballistic missile strike that Iran launched against Iraqi air bases housing U.S. troops, Wednesday, Jan. 8, 2020, in Washington, as Chairman of the Joint Chiefs of Staff Gen. Mark Milley, Vice President Mike Pence, and others look on. (AP Photo/ Evan Vucci)


By THE WASHINGTON TIMES – – Wednesday, January 8, 2020

 トランプ大統領のイスラム国家の邪悪なムッラー(イスラムの宗教指導者)らを扱う戦略は明瞭で、単純である。つまり、最大限の圧力をかけることだ。直近の敵意の応酬から判断すると、それは、効いているように見える。

 トランプ氏は、米国の長年の敵対者に対する彼の政策の基本ラインを水曜日に、国民に向けた彼のホワイトハウスからのスピーチの冒頭で明らかにした。「私が大統領でいる限り、イランには決して核兵器は持たせない」と。

 先週の金曜日、バクダッドの国際空港で、イラン最高のテロの指導者、コッズ部隊のカセム・ソレイマニ司令官とその一味を全滅させたミサイル攻撃は、予期されていたように、米軍部隊が拠点としている二つのイラクの軍事基地に火曜日の夜、15発のイラク発の弾道ミサイルにより、報復射撃されるという結果を招いた。どれも最小の被害と負傷を起こしただけで爆発し、4発は標的に届くことさえできなかった。

 言うまでもなく、イランは自制的な対応を取ったが、・・・

(残り文字)

Trump Central Review【定期購読】


歴史的米朝会談、金氏書簡公開でさらに劇的に

(2020年09月19日)

9/11を忘れないために戦争状態を引きずる必要はない

(2020年09月18日)

安全性ではなく政治を理由に新型コロナワクチンを恐れる米国民

(2020年09月17日)

包括的改革を避ける警察

(2020年09月16日)

トランプ陣営、勝利への複数のシナリオ示す

(2020年09月15日)

トランプ大統領、10月までにワクチンのデータが揃う可能性も

(2020年09月14日)

トランプ大統領の日程、接戦州重視の姿勢鮮明に

(2020年09月13日)

バイデン氏も対中強硬政策を維持

(2020年09月12日)

トランプ氏、イラク、アフガンからの撤収を発表へ

(2020年09月11日)

米都市部の混乱で共和党が民主党の責任追及

(2020年09月11日)
→その他のニュース